二人目問題

二人目以降を迎えるかどうかは

 

その家族によって違うと思いますが

 

一人目で大変な思いをされた方は(お産、産後、子育て含め)
またこうなったらどうしよう
二人なんて育てられるだろうか

こんな思いが溢れてくることもあると思います

 

 

「主人は二人目を欲しがっていたけど
私が決断出来なかったから、諦めさせてしまった・・・私のせいだ」

と、ご自身を責める方がいらっしゃました

 

 

全然あなたのせいじゃないですよ

 

ご主人が本当に二人目を望んでいるなら

「育休とって赤ちゃんのお世話するから、安心してお産できるようにするから、何も心配いらないよ」

こういったやりとりができるはず

本当に二人目が欲しいなら考えているはず

子育ては女性がするもの。
そんな考えを持っていなければ考えているはず

 

でもなかなか言えないと思います

 

だから、ママ自身も自分のことを責めなくて大丈夫

 

女性の体に宿り、お腹の中で育て、お産をする

どうしたって、ここは避けられないこと

 

だからこそ、それ以外のできることはやるから
安心してお産してね、

 

 

そんなこと言える旦那さんはいったいどれくらいいるのでしょう

 

そこまでの覚悟がないのに
辛かった経験のある女性に対して「二人目欲しい」だなんて軽く言ってはいけないと思うのです

そもそも、まだその時の心の傷や思いが消えてないならば、そちらを先に癒してあげないと繰り返してしまいます

 

一人目の時のママが所有している「辛かったこと」を
もっともっと夫婦で共有していいはず

だって二人の子なんですから

当事者として向き合えるように

社会、会社だけのせいには出来ません
一人一人が意思を持って行動することに意味があります

 

ママは自分を責めないで
お産しているだけですごいのです

ご主人に諦めさせてしまった、そんな風に思わないで

男性側がそこまでの覚悟を持っていないだけ、なんですよ

 

辛かった経験のあるママへ
一人で抱えないで誰かに話してみてね

切迫流産・早産

切迫流産、早産と診断を受けた方も多いのではないでしょうか?

 

私自身も経験があります。
第一子の時、妊娠確定と同時に「入院してください」でした。

 

自分のこんな行動がいけなかったのかも
上の子のお世話で仕方なく動いてしまった
仕事がどうしても休めなくて

 

いろんな思いがありますよね

 

すごくよく分かります

 

けど、、、

 

今は何が1番か考えてみてください

 

お腹にやってきたいのちは、どうしたってママ自身がダイレクトに影響します

つわりだったり
安静にしなくてはいけなかったり
病気ではないとはいえ、いつも以上に生活の見直しをしたり

妊娠って生活の一部とはいえ、いつもとは違う10ヶ月を過ごすことになります

もちろん何にもトラブルがなく出産までいく方と、
そうでない方といますが

 

そこを比較しても意味がありません

今必要なのは、自分自身に何が起きていてどうしたらいいかを考える力を養うことです

 

切迫流産・早産って、自宅安静だったり入院だったりしますが

家のことは家族にどうにかしてもらいましょう!!
ママだけが頑張ることではありません

 

パパも当事者として認識してもらうための期間かもしれません

 

仕事が心配?

あなたがいなくてもどうにかなるものです

 

本当に「無事に生まれて来て欲しい」そう会社の方で思ってくれていれば、サポート力が違うでしょう

 

一人で会社経営されている方
あなたが休むことで変化が必要な時期なのかもしれません

家庭も仕事も赤ちゃんもみんな大切ですよね
そんなの当たり前!!
全力で向き合ってきたならなおさら。

 

欲張りがわるいことではない

 

けども

今、何が必要でどうしたらいいかは、お腹の赤ちゃんに聞いてみてください

 

赤ちゃんは誰のお腹にやってきたのか?

 

 

生まれたら、それこそ予定通りになんていきません

 

大切な用事の時に熱でたり、時間通りに行かなかったり、保育園から呼び出しがあったり

 

イレギュラーなことばかりです

 

赤ちゃんは、そんなことも教えてくれているのかもしれません

 

いまのあなたに必要なことが流れの中に起きています

 

感情を味わいながらも別の角度からも見てみてください

 

赤ちゃんはたくさんのメッセージを持って来てますよ

 

 

 

全てのお母さんたちに大きなギフトを持って。

 

 

 

主役は誰?

お産の主役は誰でしょう?

 

お母さん?

お父さん?

 

赤ちゃんだと私は思っています

 

お父さんとお母さんがいて、赤ちゃんがお腹にやってくる
お母さんのお腹で成長して新たな命が生まれてくるのですが

お母さんは赤ちゃんを産む、んだけども

 

主役は赤ちゃん、ということを忘れてしまっているんじゃ。。。と思うことがあります

産む!のではなく
産まれてくる、のです

赤ちゃんが生まれてくるのを、妊娠期間を通して最大限サポートする、そんな感じでしょうか

赤ちゃんはお母さんのことを輝かせるモノでもなく、アクセサリーでもありません

 

命を持って生まれてきます

 

最大限のサポートをお父さん、お母さんできることってたくさんあります

 

妊婦さんに携わる人は、みーんな赤ちゃんが産まれることを願っていると思います

 

甘えることが苦手な方もいると思いますが、主役は赤ちゃんであることを忘れずに

 

お母さんも
お父さんも
親も兄弟も
助産師も

赤ちゃんが産まれ、成長することをサポートする

同志

なのです

信じるって

あなたのこと信じます!!!

 

この言葉って

 

「私のこと裏切らないよね?信じたからね?裏切るなよ????」

 

そんな言葉が隠れていると思います

 

想像の相手像を作ってしまったりしていませんか?

 

本当に信じるってそういう意味でしょうか

 

 

人は考えることも変わるし
行動も変わる
(そこに悪い、良いはおいておいて)

あなたの基準、ルールの上には生きていない、ということ

 

 

信じるというのは

 

 

「相手がどんな状態になっても受け入れられる自分でいる」

ことを信じるというのではないでしょうか

 

 

相手が自分の想像と全然違うことをした時、
ショックとか怒りとか驚きとか
色々な感情が出てくると思いますが

 

その感情をスルーせずに、きちんと感じてください

 

その上で、

 

相手に理想の形を想像してしまっていたかな?
と振り返ってみて

 

 

子育ても一緒です

 

 

 

こんなに時間をかけて愛情をかけて育てたんだから

「○○のように育ってよね?」

と親の期待をかけすぎると

 

子供は自分の人生を生きれなくなります・・・

 

親が期待する生き方に沿うようになりがち

本質からずれた「信じる」にならないように

 

あなたの「信じる」を見つめ直してみませんか?

 

足からくる冷え

助産師外来でも言われている方もいると思いますが

不調の原因は冷えからきている方がとても多いと思います

そしてココロ。

体に出るというのは
ココロも関係しています

それくらい私たちの体は繊細で素直

今日はそこに関してはおいておいて・・・

夏はエアコンで冷え
冬は寒さで上半身だけ温め、足は冷える・・・

どちらかというと足元を温めた方がいいです

足首には子宮のツボがあります

足湯、お灸、レッグウォーマー、ぬかカイロ、冷えとり靴下、マッサージ・・・
もちろん食べ物も。

季節のお野菜はその季節似合った作用があると言われています
今では季節問わずたくさんの野菜がスーパーに並んでいますが、
できるだけ旬のものを多く取り入れた方がいいですね!

トイレに行った時にでも、足首やお尻を触ってみてください。
冷たかったら冷えています!

あと首回り

寒くて縮こまってしまいがちなので肩こりも起こりやすいです

肩ぐるぐる回して温めて(私はぬかカイロのせてます)
頭痛や肩こりが起きないようにセルフケア!!

子宮が冷えると赤ちゃんも居心地悪く、サイン出してきます

ママも赤ちゃんもポカポカでいきましょう♡

こういう情報はママが先にキャッチすると思いますが、パートナーとぜひシェアしてくださいね〜

お産の評価

Instagramでも少し書きましたが

お産の評価って

誰かにしてもらうことではありません

産後にあるあるなのが
どんなお産だったか?という話になることが多いと思うのです

ママが安産だったと思えばそれで良いのです
わざわざ堀返して「ダメなお産だった」なんてする必要ないのです

自慢する事もないし
だめなお産だった、なんて思う必要もない

その日、その時間に、あなたのお産があった、ということだけ

ただ言えることは

自分のお産に納得するかどうかは、妊娠期間にどれだけ自分の内面と体に向き合ったか?ということ

そこにとことん向き合っていれば、どんなお産でも後悔はないと思うのです

どんなに「お産に良いこと」をやりまくったとしても必ず自然分娩になる、という保証はどこにもないのです
「もしかしたら」帝王切開になるかもしれない

でもそれは赤ちゃんもママにとっても必要なことだったりします

選択してきたのかもしれません

妊娠期からの過ごし方から見える、自分自身との時間

これが産後にも影響してきます

誰に何を言われても

堂々とあなたのお産を大切にしてくださいね

誰かに評価してもらうためにお産があるわけではないのです

赤ちゃんが産まれてきたその力が素晴らしい

堂々としよう♡

24時間

ママたちって24時間育児しているって自覚ありますか???

赤ちゃんが寝ている時はゆっくり休めているようですが、意識は赤ちゃんに行っています

お風呂に入っていても、泣き声が聞こえたような気がしちゃうし
寝ていても、「息してるかな?」って気にかけたり
抱っこしながらご飯食べたり
常に体を揺らしている自分がいたり笑

赤ちゃん中心の生活に一気になり、疲れる暇もないくらい
24時間つきっきりになりますよね・・・

やっと出産が終わったと思えば
色々な痛みがやってきて
体の調子もすぐ戻らずに
つきっきりのお世話

ママたち、本当によく頑張ってるよね!!!
これが当たり前、みたいな世の中だけど

全然当たり前じゃない、本当にすごいこと
命を守るって本当にすごいことなんです

男性って脳の働きが違うこともあり、なかなか女性のようにはいきません

女性は産後、「メス」状態なので、赤ちゃんの安全を考え全てが敵に感じてしまうこともあります

そういった事も、パートナーと共有しておくと良いですね!

常に気をはって育児してるママたち。
「私は大丈夫」じゃなくて

定期的に一人の時間を作って、「私」であることを取り戻してくださいね

ママや妻の前に、私、なのですよ

愛おしい我が子を育てるには

緩やかな私、が必要なのです

毎日毎日24時間、本当にお疲れ様です

大切ないのち、みんなで育てましょうね。

パンとご飯

パン派?ご飯派?

私はご飯派です

が、パンも好きです♡

パン屋さんて結構多いし、食パン専門店も多く、食べてみたい!!が出てきますよね
(わかりますーー)

でもちょっと待ってぇぇぇぇぇ!!

パンはご飯と違い、
バターやオイル
砂糖

たっぷり入っているから美味しいのですよ

食パンにも入ってますよ

それ、忘れていませんか?

食パン
菓子パン
ピザ
サンドイッチ
クッキー
ケーキ・・・・・

日本人は体質的に小麦粉がそもそも合っていません

普段食べ慣れている方は気づいていないかもしれませんが、
グルテン依存症
小麦中毒になっている可能性もあります

1週間ほど抜いてみると体が軽くなったりします
お肌の調子が良くなったりします
顔や体の浮腫が取れたりします

たまにはいいと思いますが、小麦粉、要注意です

自分が普段口にしているものの中に、なにが入っているのかよく確認しましょう

ちなみに

菓子パンは添加物の塊。。。

お忘れなく。

子育ては個育て

子育て!

子供の身の回りのお世話をし、一人前の大人に育てあげる!!

なんて気合い入りすぎていませんか?

みんな気づいてないけど
いつの間にか、子育てを通して自分の評価にすり替えているんですよ

そこに命があるのに
その命を評価にすり替える・・・

無意識です、きっと

でね、

子育てって立派な大人に、とか
勉強もスポーツもできて、優しい子に育つように、とか
色々思いがあると思いますが、自分のできないことを決して子供に被せてはいけません

超重荷です

子育ては
個育てです

その子が持っている光を閉じ込めず輝かせるお手伝いをすることです

「みんなと同じように」できることが、そんなに良いのでしょうか?
その思いが強いとしたら、あなた自身が「みんなと同じ」に合わせてしまっているのかもしれません

その子が持っている素晴らしい光を

どんどん光らせてあげましょう

その命を大切に

見守る勇気

親になるって

辛抱強くならないといけません

当たり前だけど、子どもは動作が遅いです

靴を履くのも
服を着るのも
次の行動に移るのも

親の思い通りにはなるわけないし
言うことばかり聞いてる方がある意味怖いと思います

何でもやってあげちゃうと
何にもできない子になります

何でもやり方という「方法」を教えてしまうと
自発的な行動が出来なくなり
考える力が育ちません
言われないと出来ない子、になります

色々経験していると
「こっちの方がいいよ」
「こうした方がうまく行くよ」

そんな言葉をかけてしまいそうになるけど

見守るのです

忍耐強く見守って
助けを求められた時にいつでも抱きしめられるように
動じないココロを親も自分で自分を育てるのです

その子が出来るようになることを見守るのではなく

出来ても出来なくても
挑戦することを見守りましょう

成功や失敗などジャッジの世界ではなく

飛び込む勇気があるかないか

その力を見守りましょう

そして親自身が背中で見せてあげましょう

経験で育てていくしかないのです