依存心

ここで産めば、自然分娩で産める

この発想は依存心から出てくる発想です

お産も人生も、自分がどこまで向き合ったか?が出てきます

○○は安心とか
そんなふうに思い込んでいることも人間誰しもあると思いますが

どんな情報でも
どんな決断でも

自分がどう感じて何を選択していくのか
そしてどう行動していくのか

これが関わってくるんです

誰かの「答え」を真似するだけでは意味がなく

自分で選択して行動していく、ここまでが大切なんです

お産の森でのお産までの時間は、スタッフみんなでお産に向けて、育児に向けて一緒に進んでいっています

それをどう受け入れて、どう行動するかは、自分次第なんです

お産で人生変わります
子育てはもっと変わります

他人事ではなく
自分のお産を丸投げすることなく

一緒に歩んでいきましょう

学ぶだけでは意味がなく
行動することで自分のものになっていきます

依存することは少しずつやめてみませんか?

安静指示を受けている方へ
外に向けて行動することだけが、行動、ではありません

休む、ことを選択して休むことを実行することも立派な行動です

休むこととは、赤ちゃん、自分を守る立派な行動です

安心して寝ていい

お母さんたち、本当にお疲れ様です

毎日毎日、繰り返しの日々で

心が疲れることもありますね

最近のお母さんたちは情報を得たりするので忙しい方も多いかと思います

そういう時代ですね

そんな中でも寝不足の方もほとんどだと思います

みなさん寝れてますか?

安心して眠れていますか?

夜中はお母さんだけが対応してますか?
パートナーは当事者として隣にいますか?

子育ては本当に体力が必要
たっぷり寝ることが必要だし、食べることも必要

お母さん自身が、安心して生きるための欲求を満たせていますか?

もっとお母さん自身が「安心の中」で眠れていいんです
ずっと気が張っているでしょう?

もっとリラックスする時間が必要なんです

1人でお茶をゆっくり飲む時間があっていいんです

どうやったらその時間が必要かというと

1人でなんでも抱えないこと、やりすぎないこと、心の中を打ち明けること

です

「今日は一晩ゆっくり寝たいから、夜泣きを変わってほしい」

その一言が言えますか?

私は隣で泣いていると起きてしまうから、わざわざ実家に泊まりに行ったことがあります
近いからできたことですが。

1人でお茶するくらいの時間はとりましょう
深呼吸しましょう?

それくらいとってもバチは当たりません

すでにとっても頑張っているんだから

お母さんはもっともっと安心して眠っていいんです

○○する力

私たちが幼いころ
学生のころ
社会にでたころ

育ててくれた方、家族の方々はたくさんの心配の中応援してくれていたとおもいます

心配されている方は、そんなのお構いなし!かな

逆に・・・
親の心配を全て受け入れて行動する、そんな人はあまりいないかと思います

そうすると、親が心配しないように自分の行動を決めてしまうので

親のための人生を歩むことになってしまいますしね!

親が心配するのは、親の問題

でも親になってから、心配する親心がわかったりしませんか?

その時はわからなかった感情、思いが

当事者になってから理解が深まったりしますよね!

それは親だけでなく

人間関係も一緒

立場が変わってやっと相手の思いがわかったりするものです

上司や部下の関係や
雇う側と雇われる関係
ご飯を作る側と作ってもらう関係

色々ありますよね!

必要なのは想像する力です!

相手を思いやり、想像することで

立場が変わって実際に味わうことで見えてくる世界

想像力が豊かになると

もう少し優しい世界になるのではないかと思うのです

習い事

赤ちゃんが産まれて少しずつ成長していく姿を見ていくと、

習い事をどうしようか?と相談されるご家庭もあると思います

これができるようになっていた方がいいからこれを習わせよう!
とか
ちょっと勉強が苦手のようだから、平均くらいになるように塾に通わせよう!とか

本人の意思関係なく、親の偏見、親自身にコンプレックスがあるとそれを子供にやらせたくなる・・・

子どもを道具にしてしまう時があります

本人は興味あるのか?
やりたいと言っているのか?

親のエゴではないのか?

本人にやる気があるのか
きちんと確認してから、習い事はやってもいいかな、と思います

私は英語が話せないから、この子は話せるようにしたい!
とか
私が小さい時はピアノ習えなかったから、この子には習わせたい!
とか

自分の身代わりにしないように^^

誕生日プレゼント

誕生日プレゼント

お子さんへの誕生日プレゼント、みなさんは何をプレゼントされていますか?

おもちゃ、洋服、旅行、、、

私の個人的はおすすめは経験、や旅です!!

経験したことは、ずっと体に残ります。

「やったことある!行ったことある!」

それだけで自信に繋がったりすることも

人は経験するために生きていますから、たくさん経験するといいんです
たとえ覚えていなかったとしても。

それを通して、また親が経験となります

間違っても、お子さんをオモチャにしてはいけません

子育ては、親の成果ではありません

育ててもらっていることを忘れずに(自分にいい聞かせてます・・・)

話は戻りますが、ノープランで旅に出るのもいいですよね!
こんな時はこうするんだ!と
自分で考える力を育てることもできます

なんでも親が決めるのではなく、子供に考える時間を作り、親の勝手な正解を押し付けないこと

どうしてもね。。。子どもは可愛いです
困っている姿を見るのは辛い

けど、成長のために見守る力をつけましょう
(親の筋力と呼んでます)

困ったときは、いつでも受け入れる準備をしつつ

たくさんの経験をプレゼントしてみませんか?

たくさんの喜びがそこには隠されているはずです

モノでは得ることの出来ない、経験のギフト。

心配性のお母さん

心配性のお母さん

こうならないように先回りして準備する

本人が困らないようにお母さんが全部準備しちゃう

宿題やったの?としつこく言う

他にもたくさんあると思いますが、

本人が困らないようにって先回りすることは逆効果

本人が育たなくなります
できることを奪ってしまうから、できるチカラがどんどん失われます

心配性って厄介なの

「本人が困るのを見たくない」という自分の問題だったりする

でもそんなことない!と大体の人は思っている

自分の問題なのか
本人の問題なのか

結構隣り合わせにあったりするので難しいですが

お世話しすぎ、手をかけすぎると、自分で考えて行動して...という力がほんとになくなります

そうすると、困ったことが起きても自分で考えて対処できなくなってしまうのです

「見守る」

これってとっても大変なことだけど、子育てにおいてとっても大切なことだと思っています

ご飯を食べるのも
靴を履くのも
着替えるのも・・・

大人が手をかけすぎず、子供が自分でやろうとしていることを見守る

いや、、、大変です
辛抱強く待つしかないって鍛錬です・・・・

子育てって親育て

子どもを通して親が育ててもらっているってこういうことですね

SNSの世界

今の時代は、様々なSNSがあり、わからないことも、憧れの世界も、スマホがあればなんでも見れます

芸能人の様子も
おしゃれに発信しているママたち
料理をアップしている料理家
子育て応援のメッセージ

どれも綺麗で、羨ましく思ったり

そんな1枚の写真を見て、自分の生活と比べて落ち込んだり

結構振り回されている人も多いのでは?

私思うんです・・・

おしゃれに器に食事をよそって、テーブルウエアも綺麗にして

美しく切り取られた一枚

でもその周りはきっとぐちゃぐちゃよ!!!😂

その「一枚」をとるのに、必死だったり
動画を撮るのに何回も撮り直したり

そんなもん

なんです

だから、綺麗だなって憧れたとしても
比較する必要はありません!!!

ほんの一瞬の写真なの
どんなに綺麗にしてても
その人の心が美しいかはわからない

100%の純度で向き合っているかはわからない

その一瞬の写真を追いかける必要も比べる必要もない

色んなことがわからなくなると、調べると思いますが

スマホで調べる前に、よく感じてみましょう
スマホに答えはないのです

答えは全部自分の中にあります

周りに合わせた答えではなく、自分の中をよく観察してみてください

自分でじっくり感じること

これができると世界が変わってきます

五感・・・ちゃんと使ってますか?

赤ちゃんはママが好き

赤ちゃんはママを選んでくる、とか色々な話があると思いますが

皆さんはどう感じていますか?

私は、そう思います

それに、ママにもっともっと幸せになってもらいたくて
色んな方法でアプローチしてきます

それは「生まれてくる」とは違う方法かもしれなし

ママを困らせてしまうようなこともあるかもしれないけど
困らせるため、ではなく

その先にあるもの、を分かりづらい方法で示してきたり・・・

そう、赤ちゃんのママへの愛情表現って、分かりづらいことをが多々ある笑

でも悲しませたくて、困らせたくて、やっているわけではない

もうこれは自分が赤ちゃんに戻れるわけではないから、憶測の話ですが、、、、私はそう思っているんです

夜泣きをするのも
中々離乳食を食べないのも
よく風邪をひいてしまうのも
生まれてこない選択をするのも

ママに「その先にあるもの」を渡しに来ているだと思います

色んな感情を感じたら、ちょっと遠くから自分のことを見てみませんか?

何か見えるものがあるかもしれません

毎日、そんなことの繰り返し^^

夏でも冷える

夏は暑いですが、だからといって、裸足のまま過ごすと体が冷えます

体が冷えるとどうなるかわかりますか?

自分の体も、赤ちゃんも、どうなるでしょうか?

冷えがお産につながると理解されてますでしょうか。。

夏の冷えは、秋冬になったときに永影響するとも言われています

温めすぎて、熱中症になっても大変なので注意しながら過ごしましょう

足の指先だけが出るレッグウォーマーもあります

どんなものがいいのかわからない方は、相談してくださいね

妊娠していなくても、足首温めると、生理痛にも関わってきますので

いつの時でも冷やさないように!!!

気をつけてくださいね!

赤ちゃんの選択

このブログを書いている私は、3回の流産の経験があります

初めて経験した時は

なんで私が。。。やっとできたのに!

という気持ち

2回目のときは
2回も続くなんてひどい!!と誰かに怒りをぶつけたい気持ち

3回目の時は
悲しすぎてしばらく感情すら湧いてきませんでした

こういうときって
なにか原因をはっきりさせたかったり
どっぷり感情を感じるのがいやで、検索しまくっていたりしました

でもそんなことをしても意味はなく
原因なんて(初期の場合は)妊娠が成立しなかった、だけで

赤ちゃんがそう選択しただけ、とも思っています(私は)

短いけれど赤ちゃんが選択した人生

当時は赤ちゃんが欲しい、妊娠したい、そればかり考えていて
いのちのことをきちんと考えていなかったなと思うのです

その時は必死すぎてそんなことすら感じることも出来なかったなと

しばらくしてから振り返りました

赤ちゃんは赤ちゃんの人生があること
私は私の人生があること

赤ちゃんが選択したことなら
受け止めようと

それは決して悲しいことだけではないこと

時間が経過してから色々と気づきがありました

もしこのブログを読んでいる方で
同じような経験をしたり
悲しみの中にいたとしたら

そんな考えた方もあるなと思ってもらえたら嬉しいです

癒えていくのに、何年間も時間が必要な場合もあるけど

そこに寄り添ってくれる人がいると、また心強いですね

いのちはみんなで見て、育てていくことが大切だと思います

この世に生まれても生まれなくても、そこにいたという事実は変わらないから