今年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

みなさんは1年の目標とか立てますか?

個人的にはあまり持たなくてもいいのではないかと思うのです

持つとしても、あまり大きな目標というより
手の届きそうな目標にしてみるとか

今年スタートしたばかりなので、頑張るぞー!なんて思いがちですが
だんだんと日常が戻ってくると、意識も元通り

年末になって何を目標にしていたのか忘れてしまったり
できなかった自分を責めたりするもんです

だったら

できそうなことにするとか
ゆっくり生きよう!とか笑
子どもとたくさん遊ぶぞ!とか

10キロ痩せるぞ!でななく、毎日ストレッチを継続する、とか
自分の時間を作るようにする、とか
日常に変化を感じるような目標でも十分だと思うんです

これを読んでくださっているのは、お母さんの立場の方が多いと思いますが
お母さんという立場で日常に変化を入れていくのはそれだけでも結構大変だったりします

だから少しずつ、自分が気持ちよく過ごせるように
日常を感じてみてくださいね

全ては日常にあるんです

初詣

初詣はみなさん行きますか?

初詣は、お願いをするところではありませんよ!!!

新しい1年を迎えることができてありがとうございます、と感謝をお伝えする場所です

個人のお願いごとを聞いてもらう場所ではありません

個人的なお願いは、自分で努力してコツコツ頑張るしかないのです

最近は自分さえ良ければ。。。の感覚をお持ちの方が非常に多いように思います

自分に映る何かは、他人事としてではなく自分ごととして捉えるように意識してみてくださいね

今の自分の行動は世の中にとってどうだったかな、と意識してみることもいいかなと思います

お買い物もそうです
その商品を購入するということは、そこの会社に貢献しているということ、そこの会社の在り方にYES!と言っていることと同じです

どんなふうに物が作られて、買うことができているのかちょっとだけでも考えてみると違うかもしれません

個人の生き方、選択が世の中を作っています

文句は言えないのです

今世界で起きていることも、関係ない、とは言い切れないのです

何代先の子どもたちが生きられる環境を保つためには、今の私たちにかかっているのかなと思うのです

飾りにしない

子どもは親の飾りではありません

絶対にそこを忘れてはいけない

親の挑戦できなかったことを押し付けてはいけないし
子どもが頑張って挑戦してきたことを親の手柄にしてはならない

親の勝手な感情をぶつける相手でもありません
(イライラしますが・・・^^;)

子どもは子どもの人生があり
親は親の人生がある

私たちは、神様から子どもをお預かりして大人になったらお返しするのです
世の中に

自分の子ども と思うよりも
お預かりしている、と思うと少し感覚も違ってきませんか

私たちは子どもがそれぞれの個性を精一杯生きてどんどん幸せになるために、お手伝いしている

いい大学に行っていい会社に勤める、というのはもう古い
どれだけ自分の命、豊かさに気づいて精一杯生きているのか、人間性が問われる時代になったかと思います

まずは親の私たちも幸せになりましょう

物は溢れている

内側から溢れる幸せとはなんでしょうか?

そこを考えてみると、子どもを飾りにする意識は和らぐのではないでしょうか?

不完全燃焼

子育てしていると

家事も仕事もやりたいことも趣味も・・・

不完全燃焼!!

になることが多くないですか?

思いっきり寝たい時も
納得するまで仕事したい時も
めちゃくちゃ掃除したい時も
手の込んだ料理を作りたい時も

もう色々色々・・・

なかなか自分の思い通りにはならないものです・・・

赤ちゃん、お子さんはどうしても仕方ない
だってそのまんまを生きているのが彼らだから

思いっきり何かしたい時は
それこそパートナーや家族で協力し合いながら自分の時間を持つことが大事だと思います
(パートナーだって自分の時間欲しいですよね!)

思いっきり自分の時間を過ごして、自分の状態をご機嫌にする

これってある意味責任です

子育てするのに、お母さんのご機嫌をよくしておく!!!
ニコニコしているだけで赤ちゃんも安定するもの

お母さんのご機嫌、よーく見てるんですから

いつもは不完全燃焼でも
たまに完全燃焼して

思い切り味わって

お子さんとの時間に還元しましょ

お母さんのご機嫌って本当に大事

大掃除

年末といえば大掃除ですが

赤ちゃん一緒ではなかなかできません

大いに言い訳して育児してください♡

もし動けるようなお子さんだったら一緒に掃除してみるのもいいですね!

あとは断捨離!

冷蔵庫開けた時に、訳のわからない瓶を一つ処分する、とか
いつ開けたかわからないきな粉とか(これ私です)

謎の調味料とかありますよね笑?

大きなところを掃除する、ということよりも
身近なところから断捨離してみるといいかもしれません

掃除もね、少しずつやっていればいいけれど
赤ちゃんのペースの中では難しいと思います

仕方ないですーーー!!

掃除よりすごいことしているんだから!!

そこは胸を張りましょう

1人で抱えず、家族の方とよく話してくださいね

赤ちゃんのお世話をお願いして、掃除に集中して気分転換になる方もいますし
家族に掃除はお願いして赤ちゃんのお世話をした方がいい方もいますし

自分はどうなんだろう?と
感じるところからスタートですね!

どんな1年だったか振り返りながらあと3週間過ごしましょう♡

自分を労うって大事!!!!!

大切な菌

私たちはたくさんの菌に囲まれて生きています

自然の物質たちに見えないところで助けられているのです

何でもかんでも手を洗いすぎると大切な菌がどんどん流されてしまい、自分の免疫力も押してしまいます

こぼさないでね!
ほら!手を拭いて!

手洗いは必要ですが、やりすぎは禁物

お子さん自身が潔癖症になってしまったりすることも・・・

あちこち汚されるのは嫌ですが(掃除大変だもんね)

お子さんが無意識に感じている手の感覚や感触。。。そういったものも日常から得ています

土を触らない子が増えていますが、どんどん触りましょう
親子で畑をやってもいいですね!

畑が無理ならプランターでもいいので、土に触れる機会を設けてみてはどうでしょうか

たくさん太陽を浴びて風を感じて息を吸いましょう!

子育てはとっても根気がいるけれど、そういう背景も感じながら日々過ごしてみてはいかがでしょうか

菌はだめ!と排除しようとするより、共存しながら免疫あげて行きましょう♡

悩みの中で生きる

悩みってみんなそれぞれある方がいるのかなと思います

悩みといえば悩み

そうではないといえば悩みではない

考えるべきことはではある

言い方にもよりますね!

いろんな方と接してきて感じることは

悩みの中で生きている方がいるということ

常に悩みを自ら作り出して悩みの渦の中にいること

「私、こんなことで悩んでいるの・・・」

をずっと繰り返している方です

でも、アドバイスは全く受け付けない・・・

そう、悩みの中にいた方が楽だったりするものです

悩みを解決するには多少なりともエネルギーが必要ですし、勇気も必要ですね!

でも向き合った分だけ悩みは悩みではなくなるかもしれません

あとはタイミング

その本人が向き合うぞ!!と決めるタイミングが来る時があります

あ、でも悩でいるのが好きな人はそのタイミングは来ないかも・・・

ずーっと悩みを作り出してその中で生きていくのと

少しずつでも向き合って何か行動をして向き合っていくのとどちらがいいですか?

どっちでもいいと思いますが、決めるのは自分自身!

出産方法

分娩方法は
人によって違いますが

大切なのはどんな方法だったのか?

で自分が振り回されないことです

帝王切開で周りの言葉に傷ついている方
(いまだに帝王切開のこと言う人いるのか?と思いますが)

普通分娩だったけど大変だなと感じた方

もう、どんな感じ方をしているかは、人ぞれぞれ
比べられない

そして比べちゃだめ

まずは、妊娠期間中どう過ごしてきたのか
自分の体にどう向き合ってきたのか

元々の体質も違う

痛みを受け入れる感覚も違う
(ちなみに、私は普通分娩の痛みはまだいける、という感覚で、帝王切開は術後立ち上がるのにビクビクしてました。。。)

悔いのないように、妊娠期間中過ごしたのか?なんですよ

そしたら帝王切開になっても受け入れることができる
だってやるべきことはやったのだから!

多少の感情の振れ幅はあったとしても、落ち着いていく

もしずっと抱えて辛いなら1人で溜め込まないことです

出産って、女性の人生の大きな出来事だから、忘れる、とか流す、とかそんなわけには行きません

昔のことだし。。。なんて思わずに体の外に出しましょう

感情は体の水分と一緒。

ご飯に困った時

毎日毎日お疲れ様です!!

ご飯きちんと食べれてますか?

中々お子さん優先で食べれなかったり
作ることすら難しかったりしますよね

作るとなると
まずメニューを考えて買い物に行って(買い物にいくことすら困難。。。)

やっと作れると思ったら抱っこ抱っこ!とかね

みんなにオススメしているのが、具たくさんのお味噌汁です

冷蔵庫に残っているお野菜とかを炒めて味噌汁に!
たくさんお野菜も取れるし、味噌を食べることができます!!

体にいい味噌💕

お出汁もとらなくても大丈夫!

少し野菜を炒めてからお水を入れて、具材に火が通ったら味噌をとく

とっても食べ応えのあるお味噌汁になります!

ご飯とお味噌汁だけでも十分!

たくさん作っておくと便利

おすすめ野菜は、、、大根、人参、ねぎ、えのき、しめじ、キャベツ、さつまいも、かぼちゃ。。。などなど。

ぜひお試しくださいね

子育ては妊娠期間から

妊娠中から子育ては始まっています

男性はね、すぐにお父さんにはなれません
というか、体の変化もありませんので、中々実感がないとおもいます

つわりの時
お腹が大きくなってきた時
健診や出産準備など

男性が自分ごととして捉えられるように

コミュニケーションをどれだけとっているのか、なのです

なんでも出来る女を演じてる場合ではありません
男性のお母さん役をやっている場合ではありません

なんでもやってあげることは、男性ができることを奪ってしまうのと一緒です

なんなら、何もやらない人を育てているのと一緒

妊娠して、体やメンタルがどんなふうに変化していくのか
赤ちゃんの状態はどうなのか
どこで産むのか
育休はどうするのか

もうね、女性だけで決めがちだけど
この時点からどんどん巻き込んでください!

男性は雰囲気では伝わらないのですよ

きちんと言葉にすること

待ってるだけでなく自発的に!(一つ前のブログを見てね)

妊娠期間中から子育ては始まっています

子育てと言う名の夫婦育てですね