誰かに褒めて欲しい

頑張っていることって
他人に認めてもらうためにあるのではなく

自分自身が理解していればいいだけのこと

その矢印が誰かに向いた時はお知らせのサイン。

私、○○してるんだよすごいでしょ!
こんなこと耐えているの!我慢しているの、すごいでしょ!
誰か褒めて褒めてー!!

そんな時はちょっと頑張りすぎているのかも

会社で嫌なことあったり
子育てに追われて自分のことを置き去りだったりすると

そんな気持ちになったりするもの

でも、誰かに認めてもらうためにやってるくらいなら

ちょっと原点に戻ってみませんか?

それって本当にあなたがやりたいこと?
“いのち“という時間を本当にそこに費やしたいと思う?

ストレス発散というのは一時的なものであって
根本的な解決にはなりません

子供はそんな親をきちんと見ています。
本音でそこにぶつかっているのか、よくみています。

もし、お子さんを見て
「いつもグータラしている!」
なんて思いが湧いてくるのであれば、それはあなたが本当はグータラしたいのかも

「新しいことにチャレンジして欲しいわー」
なんて時は
まずは、親がその姿を魅せればいいのです

タイミングをつかんで子供は勝手に動き出します

誰かに褒めてほいい!
そんな思いが知らないうちに原点となっている場合は、それ自体を見直してみては?

褒めるのは、自分で褒めてあげればいい
誰かに褒めて欲しくなる時はちょっとオーバーしているとき。

自分で自分の内面とどんどん対話してみよう

子育てがしんどい時は、「みんなもやってることだから」なんて比べずに
あなたの心地よいやり方を見つけて見よう

様々な価値観、方法、居場所は自分で選択できるのだから。

ママにしか出来ないこと

こんにちは!

お産の森です。

今日はママにしかできないこと、そんなことを書いて見たいと思います♫

「ママにしか出来ないこと」

なんだと思いますか?

それは!!

授乳です。
おっぱい。

こればっかりは、男性は出ない🥺

それ以外は、パートナーもできる!!

おむつ替えも
ミルクを作ることも
離乳食も
お出かけの準備も
遊ぶことも
寝かしつけも
病院に連れていくことも
一人でお風呂に入れることも

普段、ママがやっていること

ぜーんぶパパもできます。

ただ、一緒にいる時間、関わる時間がないと慣れないのは仕方ないこと

ママだって最初は何にもできない状態からのスタート

 

 

やっているうちに、コツを掴んだり
赤ちゃんの表情で読み取ったり
感覚を得てきたはず

 

 

ママだからできるのではなく
パパもやればできるのです

 

どこかで、パパにはできるのかな

 

って心配していると
それが伝わって

 

「ママじゃないとダメみたいー」
そんな返事がくるようになるんです

あれこれ言わず、ぜーんぶ任せてお出かけしちゃってもいいのでは?

もちろん、お世話に慣れていない場合は注意事項くらいは伝えたほうがいいでしょうけど^^
(危険な箇所とか、まだ食べてないものとか)

「私じゃないとダメだよね」
その非言語のエネルギーは
赤ちゃんにもパパにも伝わります

 

 

ママじゃないと出来ない!
そんなことを増やしているのは、ママ自身だったり・・・

 

パパが仕事で忙しいことにザワザワしているなら、きちんと話し合うこと。

「頑張って仕事してくれているのに」
なんて思いがあるとしたら、向き合えていないのでは?

 

想像でやり取りすることではなく、
きちんと向き合って話をすること

 

 

普段、一生懸命いのちと向き合ってるからこそ

「ママじゃないとダメだよね」

そういって欲しい時もある

 

 

けど、ママじゃないとダメなのは

あなた自信の人生の主役はあなた、であるということ

そこに、ママ、妻、娘、という肩書きがいくつかあるだけ

そこを忘れないでね♡

自分の人生を生きよう。

相談相手

みなさんは悩んだ時、誰に相談していますか?

相談相手って

何もパートナーや友達、親でなくてもいいのです。

かえって気をつかったり、こんなこと相談していいのかなって思ったりするもの。

全然知らない人だからこそ言えることもある。
両者を知らないからこそ、中立な立場でアドバイスをもらえたり。

世の中にはいろんなサービスがあるもの。

悩みの根っこは、相手にあるようで自分にあったり
もともと持っている思考の癖だったり
自分が自信がないことで引き起こしていたり

誰かに言われて気づくことってたくさんあるのです

ずっと悩んでいたモヤモヤがさっと晴れることもあるし

もっと早く相談すればよかったと思うことも。

自分の視野って意外と狭いもの。
思い切って誰かに相談して自分の大切な時間を生き生きした時間にしませんか?

家族やお子さんは、ママの笑顔が1番なのです
しつこく言うけど
何回でも言うけど

ママの笑顔に勝るものはないのです

一人で抱える必要はないのです

ちょっとした変化で生き方が変わるかも?

子どもの目線

Instagramにもちょこっと書きましたが

お子さんて、お母さんのことを本当に良くみています。

先日、知り合いの方が体験したことです。

自分の生き方や子どもへの接し方、旦那さんとのコミュニケーションなど
家族間での見直しをしたところ、とても心が軽くなったそうです。
(詳細は省きます)

 

 

ある日、ふとお子さんが口にしたこと。

 

 

「ママ、やっと笑顔になったね、ママは笑っているだけでいいんだよ」

 

って話してきたそうです!!

きっと今までも普通に笑ったり会話したりしていたのに。

お子さんは本当の笑顔なのか、そうではないのか
ちょっとした違いを全部見抜いているんです。

子どもってすごいんですよ!!

 

 

「母親とはこうあるべき」に囚われてしまっているとしたら
ちょっとそこから離れてみませんか?

 

理想の母親というのは、あなたの勝手な憧れなだけかもしれません。
(自分の母親との関係性も出てきます)

 

お母さんは笑顔なだけで、お子さんは幸せなんですよ

 

 

もし、お子さんに対して

「困ったな、、、どうしてうちの子は・・・」
と想いがよぎる時は、お母さん自身の成長のチャンス!!

お子さんが映しだし、見せてくれる世界を良くみてみよう。

 

たくさんのメッセージを持って生まれてきています。

 

 

お腹にいるときから、子育ては始まってる!

産まれてからが子育て、ではなく

お腹にいるときから子育ては始まっています

とは言っても・・・

男性は体の変化がないので、実感が伴わないのも事実。

赤ちゃんの顔を見るまでは(見てからも)
すぐには心も追いつかないかもしれません

だからこそ、妊娠期からのコミュニケーションが大切なのです!

どんどん大きくなるお腹、
つわりって?
お腹が張るって?
眠いって?
足がつるって?
おっぱいが大きくなるのって?

どういうこと????

???????
しかないですよ、男性は。

だからこそ、ママだけが調べたり勉強したりするのではなく
二人で行うことで、体への理解が深まります。

そこから、二人の育児は始まっています

ママだけが調べたり学んだりしていると
「赤ちゃんのことはママのやること」

と、妊娠期にそんな意識を植え付けることになるのです
(あなたは赤ちゃんのこと何もしなくていいよ、と言ってる様なもの)

仕事が忙しくてそんな時間ない?

それはパパ自身の課題。
赤ちゃんには関係ありません。

妊娠期から向き合わずに

出産して、退院して、

さあ!お父さん!!

と言われてもそりゃ心が追いつきません。

妊娠期の体の変化も
気をつけなければならないことも
いろんな手続きも
産後の体のことも
もちろん赤ちゃんのことも

全て二人でシェアできます

むしろ、おっぱい以外はママ以外でもできます。

一緒に学んだり、コミュニケーションを取ることで
ママ自身の産前産後の過ごし方、今後の育児にも大きく関わってきます

お腹の中にいるのか、外にいるのか
だけの違いなだけ

たった今、そこにある命を二人で包んでみよう

アクセサリーではないです

どんなに愛情注いで育てても
どんなに時間をかけて育てても

お子さんはあなたのアクセサリーではありません。

生まれたその瞬間から、お子さんはお父さんお母さんとは別の新しい人生を歩み始めます。

血縁関係があっても
お子さんと
親とは別々なのです

(もちろん、ママに向けたメッセージはたっくさん持ってきてると思いますが)

〇〇な子に育って欲しい

そんな思いがあるならば、まずは親がその姿を見せましょう。

習い事で詰め込むだけではなく
親が生きる姿勢を見せてください

お子さんは親のアクセサリーではありません
見せものでもありません

失敗しても
うまくいっても
どんな選択をしても

その子の気持ちを1番に考えられるでしょうか?

非言語のコミュニケーションは
お子さんは本当の意思を読み取ってしまうので
嘘なんてバレます。

子供を尊重し、自分の所有物ではないと意識していないと
あっという間に自分の持ち物のようにしてしまいます

子供に愛情を注ぐことと
所有物にしてしまうことは別のこと

たくさんの世界を見せてあげましょう

そして、お父さんお母さんも
自分を生きる姿を堂々を見せることの出来るように。

愛って

今日は

愛し方について・・・

ここでは語りきれないほどのテーマですが・・・・

色んな表現の仕方があると思うんです

優しいだけが愛ではないし
優しいだけでも愛ではない

なんでもやってあげるのが愛ではないし
プレゼントをもらうことが愛ではない

優しくするだけが愛ではないし
寄り添うだけが愛ではないですよね

 

 

相手がどれくらい正面から本気で向き合っているのか?

だと思うんです

 

どれほど本気で相手のことを見てるのか

本当のことを伝えるって

本気で接してないと出来ないことなんですよね

相手に嫌われてもなんでも

正面に立って本当のことを言ってくれるって

愛でしかないです

優しいだけでは愛されてるとは限らなし
なんでもやってあげることが愛とは限らないのです
時には突き放すようなことが愛だったりするのです

表面のことではなく
内側のことに目を向けると違うことにも気づけるかもしれません^^

 

 

 

接遇研修会

こんにちは!

お産の森です。

先日、講師の方を招いて接遇研修会を行いました。

その時の様子はこちら

IMG_0638

スタッフみんな集中して取り組みました!!

この研修を活かしていきたいと思います^^

幸せにしてほしい!

こんにちは

お産の森です

今日は「幸せ」について。

彼氏やご主人、パートナーに

「幸せにしてほしい」

って思っていませんか?

思っていたら・・・

黄色信号!!

 

それって

自分の人生を他人に委ね過ぎている

 

ことに気付きましょう

 

 

自分で自分を幸せにするしかないのです
それぞれが精神的な自立をして
二人でいることの幸せが循環します

自分で自分をご機嫌にできないと

子供もパートナーも
どんどん支配されてしまいます

相手に対して

 

誕生日なのに・・・
記念日なのに・・・
プレゼント・・・これ。。。なの?

モノを買ってくれる=幸せ

になってしまいます

元々のコミュニケーションが取れていないということ

表面的なやりとりではなく
自分と相手と
根っこの部分で向き合っていないと

どんどん相手に自分の人生を委ねて

ないない尽くしの人生になってしまいます。

 

まずは自分の人生を自分で生きることを心がけてみましょう

 

男と女は受け皿の容量が違います。
(男なんてちっっっさいですよ笑)

 

子育て中のママさんは自分の時間を持つことが難しいかも知れませんが
できることから見つけてみませんか?

ないないではなく

自分の中にたくさんあるのですから。

 

まずは自分を幸せにすることから始めてみましょう♡