見守る勇気

親になるって

辛抱強くならないといけません

当たり前だけど、子どもは動作が遅いです

靴を履くのも
服を着るのも
次の行動に移るのも

親の思い通りにはなるわけないし
言うことばかり聞いてる方がある意味怖いと思います

何でもやってあげちゃうと
何にもできない子になります

何でもやり方という「方法」を教えてしまうと
自発的な行動が出来なくなり
考える力が育ちません
言われないと出来ない子、になります

色々経験していると
「こっちの方がいいよ」
「こうした方がうまく行くよ」

そんな言葉をかけてしまいそうになるけど

見守るのです

忍耐強く見守って
助けを求められた時にいつでも抱きしめられるように
動じないココロを親も自分で自分を育てるのです

その子が出来るようになることを見守るのではなく

出来ても出来なくても
挑戦することを見守りましょう

成功や失敗などジャッジの世界ではなく

飛び込む勇気があるかないか

その力を見守りましょう

そして親自身が背中で見せてあげましょう

経験で育てていくしかないのです

みんなが我慢していること

みんなが我慢していること

だから私も我慢しなくてはいけない
大変なんて思ってはいけない
ラクしてはいけない
頼ってはいけない・・・

と他のヒトが持っている意識に無意識に合わせてしまうことがあります

結論から言うと

そんなことしても意味はありません

ただ大変、だけで終わります
私、可哀想、で終わります

それがやりたかったら、やればいいのですが

抜け出したかったら、まずは外にその思いを出すこと
どんな些細なことでも一人でためないこと

「こんなこと・・・」と思うことこそ、すごく大切な感情だったりします

それから、その思いを共有する方とどうすれば抜け出せるのか考えるのです

このブログを読んでくれている方は、きっと子育て中の方が多いと思います
またはこれから子育てを経験する方かな

例えば

ワンオペで大変!!
を一人で抱えず、パートナーに話す

だってパートナーとの子でしょ?

ママ一人で考えることではなく
パートナーも自分ごと、として捉える必要があります

そこからどうするのか二人が主体となって工夫していくことが必要です

みんなが我慢しているから、という思考は
子育てに響きます

「みんなも我慢しているんだから、あなたも我慢しなさい」
ってこんな言葉を無意識にお子さんに言ってしまいますよ

親の思考はどんどんお子さんに流れます

みんなが我慢しているからとか
みんなと同じようにできないと・・・とか

そんな時代はもうおしまい

個々が輝き、自分たちのスタイルでどんどん生きるときです

いのちを輝かそう!

貧血改善!!

Instagramでアンケートを取ったところ

貧血改善希望する方が多かったので

私が個人的に効いた小松菜レシピを載せたいと思います

アサリ、レバー、なども試しましたが、1番お手軽な小松菜が私は効いた気がします

といっても

個人差があると思いますのであくまでも参考、ということにしてくださいね

レシピと言うほどでもないくらいの・・・簡単すぎる食べ方です

①お味噌汁
小松菜と油揚げのお味噌汁
いつものお味噌汁に小松菜を入れるだけでOK

②ガーリックソテーー
フライパンにオイルを温め(ごま油とか)、みじん切りにしたニンニクを炒め香りが出てきたら小松菜を投入!
塩胡椒(醤油麹でも美味しい)で味付けて出来上がり!シンプルだけど美味しい。です

③小松菜のおひたし
小松菜をさっと茹でて水気を絞り、水で希釈した麺つゆで和えます。
トッピングにしらすや桜エビなど載せても美味しい!

④小松菜とキノコのオイスターソース炒め
小松菜をごま油でさっと炒め、お好きなキノコ類も投入して炒めてください。火が通ればOK!
オイスターソースで味付けしてください。お弁当のおかずにもなりますね

どれも簡単すぎて・・・すぐできちゃいますよ!
塩分取りすぎにはお気をつけくださいませー!

小松菜も、無農薬や農薬があまり使われていないものを選ぶといいですね
(スーパーにはあまりないから、ネットで探すとか無農薬扱っているお店を今のうちに見つけておくといいですね)
赤ちゃんが生まれたら離乳食も始まります

今のうちから(今からでも遅くない!)体に入っている物がどんなものなのか、理解して体にいれてくださいね

あ、、、あとね食べたからといって
そんなすぐに貧血は改善されません

続けてください

産後は母乳も始まります
継続して習慣にしてくださいね