出産体験談

  • ラテン音楽でお産促す

    2022年11月 第ニ子ご出産

    〝出産退院後の自信に繋がる愛のあるご指導をありがとうございました!″2年前こちらで第1子を出産し、指導法や先生・助産師の皆さんの雰囲気院内の落ち着いた木の温もりの空間のファンになり、第2子もここ!と決めました♪

    » 続きを読む

    今回も赤ちゃんが大きくなりすぎる前に計画で産む事になりました。

    通院中、食事の内容や体重管理のことを細かく指導して頂いたのにもかかわらず、みるみる体重が増えていく私に院長先生は「妊娠高血圧症になると赤ちゃんへのリスクが…」と厳しくしたあとに「やればできるのは知ってるんだけどね。なかなか難しいんだよね。」と優しいフォローの言葉をくれました。

    ダンスの教えを仕事にしている私は、毎日かなり体を動かしていたので、妊娠を機に体を動かす頻度が減り、加えて大好きな食事のペースを落とせず…〝やるぞ!″と上手くスイッチを切り替えられていなかったので…

    先生の厳しくも前向きに考え行動させようと何気なくかけてくれた言葉は本当に嬉しく頑張ろう!と思えました。

    そして出産前日、入院からのスタートで次の日、朝早くに立ち会い専用(?)のとても素敵な分娩室へ移動しました。

    朝からスケジュールをこなしているうちに、あっという間にバルーンを入れる処置、そして促進剤の点滴スタート!ついにきた〜!と思いながら陣痛を待っていましたが、なかなか進まず、痛みの怖さと、スムーズに痛みが来てほしい気持ちとの葛藤で終始落ち着かない状況でしたが、助産師のみなさんが本当にやさしく声をかけて下さり安心できました♡

    陣痛が進むようにスクワットをしていた私をみて助産師さんがラテンの音楽をかけ始めた時は思わず吹き出してしまいました!(笑)

    その後、院長先生により人工破水をし、ここで駐車場で3時間ほど待機してくれていた主人も合流し、その後一気に強烈な痛みが…!取り乱している私に助産師さんたちが、冷静に声をかけ続けて下さり、呼吸法を促し落ちつかせてくれ、あれよあれよとお産は進み、破水から40分で無事に出産することができました❀

    進みが早かったせいもあり、羊水を吐き出せないまま出てきた赤ちゃんは、少しぐったりしていて心配になりましたが、先生方の素早い処置のおかげですぐに元気になり、丁寧な説明で私たちもすぐに安心できました!

    産後の入院生活も赤ちゃんのお世話やおっぱいの事、自分の体の回復の事など想像以上に落ちつかない中、助産師のみなさんが母のように助けてくれて、大丈夫!と自信をもたせてくれて改めて〝あぁここで産めてよかったなぁ″と思いました♡

    退院前日にこれを書いていますが、半年以上通ったお産の森を明日で卒業…なんだか寂しいです😢

    院長先生はじめ助産師の皆さんスタッフの皆さんあたたかい時間を本当にありがとうございました!

    ▲折りたたむ
  • 家族のサポートのタマモノ

    2022年11月 第三子ご出産

    1人目、2人目に続き、年の差が開いての第3子となりました。2人目との差が7才、1人目とは11才差という…。そして自分も42才の高齢出産!でもずっとあこがれていた3人姉弟、一度は諦めかけていましたが、授かる事ができてビックリ、本当に嬉しかったです。

    » 続きを読む

    こちらの産院にはずっとお世話になっていて、婦人科の方でも漢方をもらう為に、ずっと通院していたのでスタッフの皆さんもビックリされていました(笑)

    年齢的に何が起きてもおかしくないから、決して無理をしないように!とクギを刺されつつ、でも仕事がら半年しか産休が取れない為(泣)ギリギリまで働くつもりだったので、先生にも助産師さん達にも多方面でアドバイスを頂き、仕事以外は体力温存、家のことは放置に近い状態で過ごす日々でした。でもおかげで夫も子供達も、どんどん家事に関わってくれるようになり、とてもありがたかった!家族のサポートなしでは乗り切れなかったと思います。

    できることは何でもという思いでeri先生のヨガや骨盤ケアも受けました。

    初期の頃から腰痛や恥骨痛に悩まされましたが、骨盤ケアで整えてもらうととても気持ち良く、ソフトなのに不思議な感じでした。

    ヨガでは呼吸法を教えて頂き、お産には吐く呼吸でリラックスして臨む元言う事を知り、目からウロコでした。

    妊娠が分かった当初からおそらく38wあたりで誘発分娩という話だったので(2人目もそうでした)何となくイメージはできていました。本当にギリギリまで仕事をし、38wに入っているのに上の子の授業参観にも行き、やりたいことを全部やらせてもらって…。

    38w5dで入院。11/24に出産する予定でしたが…。2人目の時もそうでしたが、1日目の誘発では陣痛がつかず、17時で点滴終了。2日目は早朝の内服からスタートしました。それでもなかなか赤ちゃんが降りて来ず…。子宮口が開いているのに、出る気がないんだねぇなんて言われました(笑)3日目に入るわけにはいかないし、早く降りて!と院内を歩き回り、あっちこっちでジャンプしてみたりしていました。13:30頃先生が内診をして、破水させて進めることに。

    破水させる。という響きが何だか怖かったのですが、副院長や助産師さんがずっとそばについていてくれて「これで進むはず。陣痛ついたら早いはずだから大丈夫!」と励ましてくれ、心強かったです。

    副院長は1人目も2人目も取り上げて頂いたのでベビーは待っていたのかな?と思うくらいですが、破水させたとたん、いきなり陣痛が始まりました。

    その後は、ひと波ごとに陣痛が進み、副院長とのおしゃべりがどんどんできなくなり…40分程であっという間に産まれました!

    痛みが増す中でも、教わった呼吸と脱力を意識して、赤ちゃんが骨盤に入って出てくるのを感じることができ、最後はあまりいきまなくても出せた感じでした!イメージしていたようななるべく力をぬいたお産ができたような気がします。

    1人目の時にもこうやって産んであがたかっなぁ。産後は一晩預かってゆっくり休ませて頂き、昔と違うシステムでびっくりしましたが、ゆっくりできて有難かったです。

    授乳についても3人目だからと放置せず、何人もの助産師さんにみっちり指導して頂き、不安を一緒に解消して下さいました。だいぶ母乳が出るようになってきたので頑張ってみようと思います。

    ごはんもとっても美味しいし、皆さんが優しく親切で居心地も良いし…名残惜しいですが(笑)

    ここで3人目の出産をできて、本当に幸せな妊娠生活でした!さすがに4人目はないですが(笑)いつかまたコンサートをさせてもらえたり、何かの形で関わらせて頂けたら嬉しいです。

    やっぱりお産の森が大好きです。

    長くなりましたが、院長先生、副院長、助産師、スタッフの皆さま、あたたかく見守り、導いて下さり本当にありがとうございました!

    42才のワガママな妊婦でしたが、無事に安産を迎えられたのは皆様のおかげです!本当に感謝です…ありがとうございました‼

    ▲折りたたむ
  • 出産は決して終わりではなく始まりでもない

    2022年10月 第三子ご出産

    はじめてお産の森に訪れたのは、まだ海外に住んでいた時。一時帰国中に第1子の妊婦健診を診て頂きました。私のはじめての妊娠生活はミッドワイフ(助産師さん)が医師として全面的にサポートしているような国で、通院はいつも助産師さんに診て頂いていました。

    » 続きを読む

    それは検査だけで終わるだけのものではなく、様々なお話を通して、助産師さんと妊婦である自分、そして赤ちゃん。この3人の信頼を築いていく機会でした。

    第2子は国内での妊娠生活でしたが、日本独特のものというのでしょうか、日々のタスクを義務の様に感じてしまい、それは心身共に荷の重い期間でした。

    この度の第3子妊娠が分かったとき、頭の中には何故かすぐにお産の森の事が思い浮かび、すぐに問い合わせをして気づいたら数年ぶりに再び医療の扉を開けていました。

    懐かしい院内の雰囲気とスタッフの方々。何よりも通院中の助産師外来が、はじめての妊娠生活で感じた信頼を築いていく場としての記憶も蘇り、とても嬉しく感じました。

    出産は決して終わりではなく、始まりでもないと感じています。

    お産の森の通院は、妊娠した時から既に家族を通じて周りの人々と新たなご縁と信頼を築いている事に気付かせて頂きました。

    退院を迎える今、まるでお産の森が私と娘の背中を新しい世界へポンっと押し出しているような気持ちです。

    今回のお産で学ばせて頂いた〝信頼″。私と娘の人生において沢山築いていきたいと思っています。

    お産の森、篠﨑医院の医院長先生、副医院長、助産師、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

    ▲折りたたむ
  • 何だか気になる黄色の看板

    2022年9月 第一子ご出産

    転勤でやって来た守谷市で初めてのお産でした。篠﨑医院を選んだのは、街中のあちこちで見かける「何だか気になる黄色の看板」に安心感?があったことと、実際に守谷に住んでいる同僚からおすすめしてもらった事が理由でした。

    » 続きを読む

    いざ実際に来院してみて、お洒落な外観、温かみのある木の内装、院長先生をはじめとしたスタッフの皆様の優しさ、温かさに触れ「絶対ココで産みたい!!」と思い、心拍確認と同時に予約した事を今でも昨日の事のように思い出します…

    篠﨑先生や助産師の先生方、みな様から愛のあるご指導を頂きながらも妊娠糖尿病にかかってしまったり、体重がオーバーしてしまったりと、決して優秀な妊婦生活が送れなかった私でしたが、外来の度に「こういう食事にしてみよう」「食後スクワットとももあげるだけで血糖値改善できるよ」など、本当に感謝しております。

    また、私は篠﨑医院さんのブログを愛読させて頂いており、勝手ながらいつも副院長先生に叱咤激励を頂いているつもになっていました。(いつか外来でお会いできたらと思いながらもかないませんでしたが)

    いざ出産が近づいてきて、夜間に急な破水をし入院が決まりました。

    赤ちゃん降りてきてー💦子宮口ひらいてー💦と思いながらも上手くいかず、ずーっと腰をさすってくださったり、呼吸をリードして下さったり…

    スタッフの皆様に支えて頂いて、励まして頂いて丸1日耐えることができました。

    最終的に帝王切開で産む事になりましたが、これまで10カ月間篠﨑医院さんで診て頂いてきて、絶対的に信頼していたので、何ひとつ不安はありませんでした。

    むしろ、私と赤ちゃんの事を考えて最善のご判断をしていただいたのだと本当に感謝しております。

    手術自体は麻酔がきいてきて痛みがなくなってきた後は、前日の陣痛で寝られなかった事もあり、ポニョの歌だ〜と思っている間に寝てしまい、起きたと同時に赤ちゃんが産まれました…!

    術後も、傷もとてもきれいに処置して頂き、当日こそ痛かったですが、退院を2日後に控えた今、もう違和感程度の痛みしかないことに驚いています。

    入院生活は、素敵すぎるホテルのようなお食事と、きれいなお部屋と、都度様子を気にして下さるスタッフの皆様のおかげで大変充実しています。特におっぱいマッサージがゴットハンド過ぎて1日にして赤ちゃんにあげられるくらいの出具合になりました。

    また、お産がんばったね〜て皆様言って下さり、心から嬉しく思います。

    今回のお産について、決して優秀ではない妊婦の自覚はありましたが、こんなに可愛い我が子に出会わせてくださって、自身のお産に大変満足していると共に、ただただ篠﨑医院のスタッフの皆様に感謝しております。

    本当にありがとうございました。

    もしも次の機会に恵まれたら、また必ずこちらでお世話になりたいです。

    (次はもう少し自身の身体に気を付けます…)

    ▲折りたたむ
  • 「トラウマ」とゆうイメージから、とても素敵な出産へ

    2022年9月 第ニ子ご出産

    新居を建てるのに伴う引越しでこちらに移り住むこととになり、こちらに通わせて頂くことになりました。元々妊娠しづらい体で、不妊クリニックに通いながらの妊活で、2021年春に一度授かった者の、子宮外妊娠が分かり卵管切除、その後半年かけて私たちの元へやって来てくれた命でした。

    » 続きを読む

    1人目は別の産院で出産していた為、色んな点で産院それぞれの違いを実感しました。

    残念ながら1人目の時のお産は私にとって良い思い出があまりなく、出産に対して「恐怖」や「トラウマ」とゆうイメージがとても大きかったです。

    しかし毎回、院長先生の診察ではものすごく丁寧に診て下さるし、納得できるよう細かく説明して下さることにまず感動しました。

    助産師外来では、私の前の出産のトラウマをお話した上で、毎回丁寧に指導して下さるみなさんの対応の温かさに安心を覚えるとともに、いつの間にか次のお産に向けてマイナスなイメージと気持ちが消え、少しでも良いお産にしたい、赤ちゃんに会える楽しみが増していました。

    出産当日は誘発分娩となり前日から入院して、バルーン+促進剤での出産となりました。

    バルーンが抜けてから陣痛が上手く乗らず、当日中の出産を諦めようとシャワーを浴びたトコロから急にお産が進み、あっとゆう間に誕生しました。

    1日担当して下さった助産師さんの勤務が交代になるタイミングでの出産で、更に9/1がお誕生日だとゆうことを産んだ直後にお聞きし、とてもご縁深いものを感じました。

    コロナ渦で1人での出産でしたが全く孤独感も感じさせず、常に寄り添ってサポートして下さった助産師さん、看護師さん、スタッフの皆様、毎日健康的で美味しいお料理を作って下さったスタッフさん。快適に過ごせるようお掃除をして下さるスタッフさん、関わって下さる皆様のお陰で、とても幸せな1週間を過ごさせて頂きました。本当にありがとうございます。

    私にとって「出産」がとても幸せで素敵なものに変わりました☺

    また次のチャンスがあれば絶対に戻ってきます!

    ▲折りたたむ
  • 「多くのことを与えてくださる素敵な病院」

    2022年8月 第一子ご出産

    元々里帰り出産を考えており、「お産の森は良い病院とよく聞くよ。」という母からの言葉でお産の森での出産を決めました。

    » 続きを読む

    私はこちらに通うまで、食生活がとにかく乱れていました。営業の仕事をしていることもあり、とにかく時間をかけずにパッと手軽に食べられるものばかりを食べ、食事についてしっかり考えていなかったのです。

    その結果、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症と診断され、今までの生活がいかに適当であったのかを痛感しました。

    しかし、院長先生はそんな私に親身になって食事のとり方から、細かく教えてくださり、少しずつ出産に向けて和食中心の食生活へ改めることができました。

    また、それ以外に私は卵管と一部卵巣の捻転もあり、合計で約3週間という長い入院生活となりました。

    入院が初めてな上に、コロナで面会ができない環境で過ごせるだろうかと心配でしたが、スタッフの方々のあたたかいサポートが何よりも心の支えとなりました。

    捻転による痛みや嘔吐が続き、夜中から朝方まで全く寝付けない中、何度もナースコールで呼んで助けていただいたコトは忘れられません。

    出産は卵管と卵巣捻転の手術もあり、38週に入ったところで帝王切開となりました。

    手術が近づくにつれ、不安で眠れない日々でしたが、手術前夜に院長先生から丁寧な説明をいただいたことで、不安は和らぎ、当日を迎えることができました。

    出産の瞬間は、何物にも代え難いです。妊娠生活の辛さがすべて吹っ飛ぶくらい、赤ちゃんの愛おしさがあふれました。今もその瞬間は、私の心にしっかりと焼き付いています。

    そして産後の指導も本当に心強かったです。特に、母乳に関しては、初めてで何も分からない状態ですから、1から事細かく教えていただきました。スタッフの方々の熱心な指導により、2日目からおっぱいの分泌が一気に増えたのには驚きました。少しずつではありましたが、自分の中で形になっていくのがわかりました。

    自身をもって退院できるなと思いました。

    お産の森は、私が想像していた以上にとにかく多くのことを与えてくださる素敵な病院です。

    院長先生をはじめ、スタッフの方々にはぜひ引き続き1人でも多くの幸せなお母さん赤ちゃんを支えていただきたいです。また出産できる機会が恵まれましたら、お産の森にお願いしようと思います。

    本当にありがとうございました。

    ▲折りたたむ
  • 「出産という経験をお産の森で 」

    2022年3月 第一子ご出産

    全てにおいて、とても素晴らし対応、熱心なご指導をしていただける最高の場所でした!» 続きを読む

    ★健診、外来について
    つわりがひどく2weekほど点滴に通わせていただきました。初めての妊娠で自分がつわりで脱水している事にも気づかず、最初に点滴していただいた時の看護師さんは女神に見えました(笑)フラフラで会話もできなかったことを今でも覚えています。
    院長先生の診察はとても丁寧に説明して頂ける事で、健診がとても楽しみかつ色々な不安を解消することができました。
    助産師外来では、1人1人に合わせてご指導して下さっていて、心配性な私は2時間も質問してしまいましたが、それに対しても1つ1つ対応してくださり「まだ質問ある?」と聞いて下さって、こちらが申し訳なくなるほどでしたが、全ての心配を解消することができました。
    また、出血してしまった時、休日にもかかわらず、エコーではいつも通り色々な説明をしていただき「赤ちゃんは無事」ということだけでなく、体の部位の説明までしていただいた事に本当に感謝しています。

    ★出産について
    予定日や仮入院の日よりも早い出産となり、コロナPCR検査前の出産でした。(後日陰性でした)微弱陣痛で、前日の夜の入院の時「明日まで今日はゆっくり寝ておこうねー」となり、痛みと1人の不安から看護師さんの前で号泣(笑)それを悟ったかのように2:00ごろ子宮口が7,8㎝になり、9:20に産まれてくれた息子くんには感謝しきれませんでした。
    休日の夜中だったにも関わらず、分娩台でずっとサポートしてくれた助産師さん、看護師さんの方、朝方から出産当日のサポートをしてくださった助産師さん、会陰のキズを丁寧に縫合してくださった院長先生、本当にありがとうございました。

    ★入院について
    みなさんもよく書かれていると思いますが、お食事が本当に美味しいい。栄養バランスもよくて、お陰様で産後の回復がとても早いです。
    授乳の指導がとても分かりやすく、1人で悩まず前向きに頑張れます。(本当にありがとうございます!)
    沐浴も動画でポイントが分かりやすく説明されていて助かりました。、

    ★その他、色々良すぎた…!やってよかったこと
    1,骨盤ケア
    30wくらい?から2回/week、1hのフルコースを出産直前まで続けました。
    施術だけではなくおススメのアロマや自宅でできるマッサージも教えていただき、ゆがみも痛みも(腰など)なく出産に臨むことができました。
    2,Eri先生のヨガ
    プライベートレッスンで3ヶ月ほどお世話になりました。
    呼吸法だけではなく、妊婦さんでも無理のないヨガやストレッチで身体の自己メンテナンス、セルフケアができました。
    3,院内掲示物
    たくさんの妊婦さんに向けた掲示物、パンフレットがあるので、情報収集がしやすいです。
    MO-houseのブラは院内でも頂きましたが、追加で購入しました…授乳服もほしいなーと思います。
    診察の待ち時間に色々と学ぶことができました。
    4,インスタ、ブログ、HP等のSNS
    妊娠中は色々と不安になることや落ち込むこともありました。その時ブログを読むと前向きな気持ちになれたり、気合が入り直しました。
    入院の情報もあってインスタはとても役に立ちました。

    出産という経験を篠﨑医院でできたことをとても幸せに思います。
    ZOOMの赤ちゃん会にもぜひ参加させていただきたいです。

    ▲折りたたむ
  • 「人気な産院である理由」

    2022年2月 第一子ご出産

    不妊治療で京都の病医院まで片道1時間半かけながら通院し、タイミング法3回、人工授精2回、対外受精にステップアップして授かることができたと判明した時、旦那のいどうで700㎞の大移動
    6週目から食べつわり、吐きつわり、痰つわり、よだれつわり、アレルギー反応で怒涛のつわり期を迎え、助産師外来で「つわりがずっと続いて…」と話したら

    » 続きを読む

    「今の時期はもうつわりは終わっているので、それはつわりではなく胃腸障害です」と漢方を処方していただき、ようやく人並みの生活ができると思った矢先、12人の1人の割合で発症する妊娠糖尿病となり、3ヶ月間の糖質制限生活を頑張る日々、元々低身長、初産、高齢出産のハイリスク妊婦ではありましたが、更に20人に1人の割合で発症する妊娠高血圧症候群を併発し、どれだけレアケースなんだという妊婦生活を過ごし、むくみも大変な事になり、このままお産を待っていてはもう母体が持たないと帝王切開にて出産となりました。

    こんな壮絶な妊婦生活を送っていた人は、少なくとも身近には誰もいませんでした。
    母体はボロボロでしたが、お子だけはとても元気に産まれてくることができ、お産の森にてずっと赤ちゃんに良い事指導を受けていた成果だと思います。入院中沢山の方の色々なアドバイスをいただき、コロナ禍で見知らぬ土地で育児をやっていく不安を取り除いて下さり、人気な産院であることがわかります。
    転院の際に個人病院か総合病院のどちらを選択すべきか?と質問した際に「総合病院だと感染のリスクが上がるので(コロナ禍だったため)」ということで選んだ産院でしたが、お産の森で良かったと思います。
    コロナ禍で立会いも面会も出来なくて不安でしたが、実際に過ごしてみて不安を取り除こうとして下さるスタッフの皆様が温かく優しく、色々聞いて勉強すればいいのだなと、あっという間の入院生活でした。
    たくさんお世話になり、たくさん学ばせてもらい、たくさん思い出に残るお産でした。
    またご縁がありましたら、次もココでという人が多いのが納得のいく産院だと思います。ありがとうございました。

    私の経験したことなので、一般的には違うかもしれませんが、お産の森で母乳育児サポートがしっかりしていた事により、母乳が吸われている感覚、吸われると乳房が軟らかくなる事、授乳を繰り返すうちに母乳がちゃんと出るようになる事、マッサージする事で自分の負担が減る事を実感できたのは産後4日後の夜からでした。もし自然分娩で退院していたら実感するのに時間がかかっていた、もしくは分からずに乳腺炎になってしまっていただろうなと思うと、お産の森のサポートシステムに感謝しかありません。
    授乳のやり方をみて頂ける事で、我が子が気まぐれな甘えん坊さんである事を実感し、退院してからも不思議とやっていけそうな気がします。本当にありがとうございました。

    ▲折りたたむ
  • 赤ちゃんが産まれてくる感覚を全て味わう」

    2022年2月 第三子ご出産

    上の子2人は転勤があり、それぞれ別の病院で出産し、今回初めてこちらでお世話になりました。「お産の森で出産する」と言うと会う人会う人「あそこは厳しいんでしょ?」と言われ、ビクビクしながら受けた助産師外来でしたが、

    » 続きを読む

    厳しい、怖いと思うことは1度もなく、むしろ親切で丁寧で心配ごともしっかり聞いてアドバイスして頂いて、エコーが見られる診察よりも助産師外来の方が楽しみな位でした。
    上の子2人がスピ―ド出産だったこと、経産婦であること、未就学児で家にいる時間が長くもしもの時の預け先の確保に不安があることなどから、誘発分娩の提案をしていただき、38Wでの出産となりました。間に合わなかったらどうしよう、という不安がなくなり、留守番の上の子たちにもきちんと話をして準備ができたので、安心して挑むことができました。
    お産当日は担当の助産師さんが本当にこまめに様子を見に来て下さり、「順調ですよ~」という言葉や優しくて穏やかな雰囲気に癒されました。上の子の時は必死すぎて訳のわからないうちに生まれていたのですが、今回は頭が見えてきている感覚も、はさまっている感覚もわかって、体が出た時もすべてしっかり味わうことができて嬉しかったです。「リラックスして、力を抜いて、夢中にならないで」の言葉は聴こえていたものの、最後は思わず力は入ってしまい傷ができ、おそらく外来をストップさせてしまって申し訳なかったですが、院長先生がゆっくりと丁寧に処置して下さいました。
    産後はおっぱいが張って辛くなってくると夜中でも時間をかけてマッサージしてほぐしてもらったり、冷やしたり飲ませる様子を見に来て頂いたり、丁寧にケアして頂いたお陰で何とか軌道にのりかけて退院できそうです。
    帰ったら3人育児が始まりますが、以前副医院長先生に「産後、できるだけ早く元の生活に戻るために妊娠中できることはありますか?」と質問したら「産後1カ月、とにかく寝て過ごす事!!」と力強く即答されていたので、残りの長い人生を楽しむためにも、いつまでも元気なママでいるためにも、1カ月心を鬼にして休みたいと思います。
    おそらく人生最後の妊娠、出産を、お産の森で経験できたことはとても幸せでした。
    もうここへ来ることがないと思うと寂しい気もしますが、退院診察の時の内診が「内診しました!?」という位全く痛くなく、感動したので子宮ガン検診でお世話になろうかな、と思います。
    院長先生、副医院長先生はじめ、助産師さん、スタッフの皆さん、本当にお世話になりました。
    ありがとうございました!!

    ▲折りたたむ
  • 「こんなにリラックスしながら産んだの?」

    2022年1月 第二子ご出産

    コロナ渦での妊娠でとても不安でした。
    実家が県外の為、1人目は里帰り出産でしたが、今回は不安でしたので県内で産院を探すことにしました。口コミを見てこちらの産院に決めたのですが大正解でした。

    » 続きを読む

    健診や助産師外来では今まで知らなかった情報や知識などたくさん教えて頂きました。1人目妊娠した時に知りたかったことだらけでした。冷え改善、食事指導、体重管理、漢方やお灸など何でしなければいけないのか?何で大切なのか?を知ることができました。全てはお産に直結しているのだと産後改めて感じています。
    今回コロナで立会いも面会もなし。とても孤独なお産や入院生活になるのではないかと思っていましたが、そんな事は全然なかったです。
    助産師さんがずっとつきっきりで腰のマッサージやお灸、カイロなどであたためていただきすごく気持ちよかったです。マッサージのタイミングも絶妙でした。陣痛が進みパニックになってしまいましたが必死に声をかけてもらいなんとか出産を終えることができました。1人目の時は早く終わってほしいと思っていましたが、今回は終わったの?こんなにリラックスしながら産んだの?と思うほど違いました。分娩台でライトに照らされながらのお産イメージでしたのでとてもびっくりしたのを覚えています。
    最後まで一緒に頑張ってくださりありがとうございました。

    入院生活は退院したくないと思うくらい最高でした!笑
    毎日おいしいご飯も食べられ、産院内はピカピカでした。
    おそうじスタッフの方がそこまでするの?と思うくらい毎日おそうじしていました!
    おっぱいがなかなか出ず、出てもうまく吸ってもらえないなど悩みはありましたが助産師さん看護師さんが親身になってくださってとても嬉しかったです。

    ▲折りたたむ
  • 「その全てがお産に繋がる」

    2022年1月 第一子ご出産

    初めての妊娠生活は、長かったようであっという間でした。
    引っ越してきたばかりの初めての地で、初めての妊娠で不安でいっぱいの中、お産の森に出会いました。
    HPを見て「赤ちゃんのために妊婦である自分が努力することの大切さ」や「妊婦のために寄り添って指導して下さる体制」に魅力を感じ、お産の森で妊婦生活を頑張っていきたいと思い、お世話になりました。

    » 続きを読む

    健診の度に不安でいっぱいでしたが、院長先生は私たちの立場になって丁寧に説明して下さり、とても安心できました。
    助産師外来では、副医院長先生始め、助産師の皆様から、お産に向けての具体的なアドバイスを受けることができ、とても参考になりました。
    お産には冷えが良くないと言う、基本的なところから教えていただき、冷えに繋がる食べ物や積極的に摂るべき食べ物などの食事指導、冷え改善につながるお灸のこと、ホホバオイルを使ったマッサージ方法、マタニティヨガで痛みを和らげる呼吸法などたくさんのことを教えていただきました。
    振り返ってみると、その全てがお産に繋がっているのだと、お産を経験して感じました。
    出産の時には、アロマや音楽で環境を整えて下さり、リラックスして臨むことができました。
    長時間になってしまったにも関わらず、ずっと腰を温め、さすって下さったり、声を掛けて下さったりと、このようなサポートがなければ、産めなかったのではないかと思うほどでした。
    産後から退院までは、赤ちゃんとの向き合い方について、1からとても丁寧に教えていただきました。特に、おっぱいのことでは、こんなにも悩みが深いとは思ってもいませんでした。
    1日の中でも張り具合が変わり、授乳の仕方によって、赤ちゃんの飲み具合も変わるので、とても難しかったです。その悩みを解消するために、何度も見に来て教えて下さったり、ささいなことにも的確にアドバイスして下さったりと、とても感謝しています。
    通い始めた時から今に至るまで、たくさんのスタッフの皆さんが一体となってサポートして下さり、とても心強かったです。
    落ち着くキレイでぬくもりのある建物と、栄養バランスに配慮した豪華で美味しい食事、そして何よりもステキなスタッフの皆様に支えていただき、ここでお産ができて良かったと心から思います。
    本当にありがとうございました。

    ▲折りたたむ
  • 「天使。。。いや神。」

    2021年1月 第二子ご出産

    1人目は違う病院でお産をしましたが、今回はお産の森を選びました。周囲の人が“厳しいけどすごくいい”と口をそろえていうお産の森。どんなお産ができるんだろうとドキドキ・ワクワクしながら分娩予約をとりました。

    » 続きを読む

    実際に通ってみると、病院とは思えない気のあたたかい雰囲気やぬくもりがあり、スタッフの方々の丁寧な対応に毎回感動するばかりでした。経過が良好で無理して仕事をしてしまうことが多く、そんな時「赤ちゃんを守れるのはママだけだからね!」と言われハッ!!としました。仕事では私の代わりなんてなんぼでもいます。でも赤ちゃんにとってママは世界に1人の“ママ”なんです。そこから考え方が変わり、自然と食事や運動への意識が変わっていきました。あの言葉がなければ、順調なトツキトウカは過ごせなかったかもしれないです。本当に良かった…いざお産!!!今回は破水からのスタートでした。前回がスピード出産だったこともあり、今回も早いかな…と思っていたところ痛みは強くなるのに子宮口が全然開かない~💦初めてのお灸、アロマ、米ぬか、マッサージなど助産師さんが至れり尽くせりやって下さり、本当に天使、いや神様にみえました…✨
    忙しい中、ずっと側にいて下さり腰をさすってもらい、声をかけて下さり、見えないゴールを目指せたのも、本当に助産師さんのおかげです。「もう少しだよ!もう会えるよ!」この言葉で最後のふんばりができました。分娩後も、労いの言葉をいただき、我が子を抱きながらまるで天国にいるような気分でした…
    そのあとの入院生活も、まるで旅館のような部屋、最高の食事、快適すぎて現実の世界に帰れるか不安になる位でした。スタッフの方々の笑顔もすてきで、だからこそ安心して入院生活を送ることができるのだと感じました。
    私の“理想の看護”がこのお産の森にはたくさんありました。今回、本当にここで出産できてよかったです!!
    周りの人が「すごくいい!」という理由が分かりました♡
    これからは私も周りに出産するならお産の森がいいよ!!とすすめます!!本当に本当に本当にお世話になり、ありがとうございました。一生忘れません♡

    ▲折りたたむ
  • 「つらい思い出から幸せな場所へ」

    2021年12月 第二子ご出産

    初めてお産の森を訪れたのは、去年の事でした。その時の妊娠は残念ながら11週の時、静かにお腹で亡くなってしまい、院長先生の診察で知りました。
    「まさか自分が流産するなんて」と絶望感で心が張り裂けそうでした。手術を受けてからも、なんだか憂鬱な気持ちが晴れず、街中でお産の森のオレンジ色が目立つ看板を目にすると、つらい記憶が蘇り目を逸らしていました。

    » 続きを読む

    それから半年後、妊娠が分かり今回こそは無事に産まれることを願い、つらい思い出のお産の森を幸せな場所に変えたい!と再びお世話になることを決めました。
    妊娠初期から絨毛膜下血腫が見つかり、出血するたびに祈る気持ちで院長先生の診察を受けに来ました。1~2カ月毎日点滴もしてもらい、助産師さん、看護師さんにはお忙しい中、とてもお世話になりました。血腫がようやく消え、経過良好!不安もなく毎日過ごせるようになったのですが予想外に36週に自宅で破水。焦る気持ちでお産の森に着くと、助産師さんがすぐに迎えてくれお産の準備が始まりました。担当していただいたのが奇遇にも、流産手術の日に担当だった師長さん。「何かのご縁だね」と声をかけてくれて、私もそう思いました。
    ちょうど1年前の12月、同じ場所で出産するなんて。当時の私に「大丈夫だよ」と言ってあげたいです。第一子の出産が痛い、怖い、というイメージが強く緊張する様子を見た師長さんは「楽しいお産にするって決めたから!」と励ましてくれました。
    陣痛が強くなり心も体もつらくなってきた私に、腰を温めずっとマッサージしてくれたり、気分が落ち着くようにアロマを用意してくれたり、いきみ逃しの呼吸や体勢のアドバイス、声かけ全てが私の求めるタイミング。プロってこういう事だと感動しました。子宮口全開大になり痛みは絶頂でしたが、最後は「お産を楽しむ!」という気持ちで、赤ちゃんを胸に受け止めることができました。本当にかわいくて幸せな気持ちでいっぱいになりました。いろんな思いや経験を乗り越え迎えた赤ちゃん。私のかけがえのない宝物です。院長先生や師長さんをはじめ、助産師さん看護師さん、スタッフの方々のおかげで、私にとってお産の森は幸せな場所になりました。
    ありがとうございました。

    ▲折りたたむ
  • 「あなたなら何人も産めちゃうね」

    2021年11月 第三子ご出産

    前回第2子の出産でお世話になり、その時の産院の居心地の良さに感動し、3人目を授かった時には“またここに帰ってくるぞ!!”と第2子退院時の日から心に決めていました。笑

    » 続きを読む

    そして第3子を2年後に授かり、院長から「〇〇くんは元気ですか?」と声をかけられ わあ!!またお世話になれるぞ!と感動しました。
    また悪阻がひどくメンタルが落ちている時に「赤ちゃん元気です、順調です!」と毎回一言言っていただけるだけで、すごく心が救われました。

    出産は過去2人のスピード出産、また上の子達もいることから副医院長から予定日前の計画分娩を勧められ、最初は自然陣痛を待たなくて良いのかな?と少し不安だったのですが、メリットも丁寧に説明してくださり、結果この判断で大正解!!まだ手のかかる4才、2才の子供たちの預け先の確保や、出産前の準備を慌てずできたことで、安心して当日お産に臨むことができました。(何より前日の爆睡セットのお一人様時間が最高♡)
    プロフェッショナルの判断はさすがです。

    計画分娩当日は9時過ぎに院長にバルーンを入れて頂き「頑張っていきましょ~う!!」と言われ私のやる気スイッチオン!!(院長の一言一言パワーは絶大です…)その後10時に促進剤をいれ、15時にやっと有効な陣痛がきて(←Мさんの内診グリグリ効果!?)その後20分後には出産というあっとゆーま劇場でした。3度目の出産でも最後の最後は痛くて、力が入ってしまう私に、FさんとМさんが、冷静に力強く私の目を見て声かけしてくれ無事に赤ちゃんを産むことができました!!ありがとうございます。分娩終了後に「あなたなら何人も産めちゃうね♪4人目頑張っちゃえ~」と助産師さんに言われこれが最後の出産と決めていましたが、今回も快適な入院生活を送っているうちにその言葉が頭から離れず、心が揺れてしまっている自分がいます(笑)でももしも4人目があるのであれば、また必ずここにお世話になりたいです!!本当にありがとうございました😊

    ▲折りたたむ
  • 「ここで産んでよかった!!」

    2021年7月 第二子ご出産

    ここで産んでよかった!というのが一番の感想です。
    今回、2人目の出産でした。1人目は総合病院で出産したため、助産師外来がありませんでした。総合病院では、エコーが毎回あったため、健診後に家族がエコーを見たがり、その違いに初めは少し物足りなさを感じたりしましたが、

    » 続きを読む

    それは間違いでした。助産師外来では、1人目の時の出産の話を聞いてもらい、今回はどうしていくのがいいか沢山のアドバイスを受け、落ち着いて妊娠生活を過ごすことが出来ました。1人目で高血圧の傾向があったことや6年経過し高齢になっていることを考慮して血圧を家でも測ることになりましたが、これが日々の安心感につながりました。また、1人目の出産は微弱陣痛で30時間かかったこと、会陰裂傷が酷かったことなどから、今回もなるのではと不安なことが沢山ありましたが、体を冷やさないことや会陰マッサージの仕方など教わり、そのおかげで、今回は陣痛から出産まで4時間弱であっというマに産まれ、会陰も裂けることなく、不安に思っていたことが何も起こらず、改めて助産師さんのすごさを実感しました。
    また、和室での分娩がとてもよかったです。あんなに落ち着いた気持ちで出産に臨めるとは思いませんでした。
    産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこできて、カンガルーケアにも感動しました。
    入院中もおっぱいが張り過ぎて痛くなってしまいましたが、何度もケアしていただき、自分でマッサージの仕方を教わり、退院までに安心して授乳できるようになりました。引き続き、ご飯と冷えに気をつけながら、過ごしていきます。
    本当にありがとうございます。
    思っていた以上のお産ができて、驚きと感動です。

    ▲折りたたむ
  • 「評判の良い産科でも比較にならない」

    2021年 6月 第二子ご出産

    2年前にひっこして来たため、どこの産科が良いかわからない中、知り合いがお産の森で産んだと聞き、こちらに決めました。
    1人目を産んだ時は働いておらず、場所も全くちがう所でした。今回は働きながらの妊娠で、途中出血することもあり、不安なことの多い妊娠期間でしたが、

    » 続きを読む

    こちらの先生や助産師さんはとてもていねいに診てくださり、1つ1つ不安をのりこえていくことができました。
    出産は予定日に入院して誘発分娩でした。以前は自然に陣痛がきたので、とても緊張しましたが、スタッフさんがやさしく声をかけてくださってドキドキしながらも安心して処置に臨むことができました。
    正直出産は痛くて痛くて、すごくつらかったです。でも助産師さんからも「大きいね!」ち言われ、われながら頑張ったな…と思えました(笑)
    前回の出産で裂けていた所が今回も裂けてしまって、院長先生に縫っていただいたのですが、これもとてもていねいに時間をかけて縫ってくれました。
    産んでからも、1人目から5年も間が開いているので色々忘れてしまっていましたが、やさしくサポートしてくださり、退院前に母乳でいけそうな状態です。
    1人目も評判の良い所を選びましたが、お産の森は比較にならない程お母さんと赤ちゃんのことを考えてくれて、ていねいにサポートしてくれました。
    ずっと通っていたのでもう1カ月健診が終わったら来ないと思うととてもさみしいです。
    知り合いにもお産の森はとても良いところだよとオススメしたいと思います。

    ▲折りたたむ
  • 「技術と人に支えられた“良いお産”」

    2021年5月 第三子ご出産

    引っ越しが多く上の子達は全員別の病院で産まれました。
    コロナ渦で不安はありますが希望の第3子ということで“良いお産”がしたいとこちらの病院に通わせていただきました。

    お腹の中にいる時に逆子になったり横向きになったりと自由に動きまわって?いた赤ちゃんでした。

    » 続きを読む

    健診で様々なアドバイスや生活について注意する所を教えていただく事で、妊娠中の母親としての意識も高まって良かったです。

    お産は毎回ごと違う進みになるんだなぁと思いました。
    3人とも時間も同じでないし不思議…(2人目だけ早かった)
    生命の誕生に立ち会う病院の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

    長い前駆陣痛中、ずっと腰をさすったりしてくださった助産師さん。
    その手にどれだけ助けられたことか!ありがとうございます。
    いきみ方も忘れてしまいそうになる位のブランクがあるかと思っていましたが、励ましてもらったのを支えになんとか出産することができました。子どものあたまも触らせてもらえて嬉しかったです。
    赤ちゃんがお母さんから産まれることは、こんなにも人に支えられてできることなんだなぁと分娩時に思いました。

    技術と人に支えられた思い出に残る“良いお産”ができました。
    この病院でこの日に産めたことをありがたく思っています。
    お世話になったスタッフの皆様、病院の皆様に感謝をこめて

    ▲折りたたむ
  • 「きっと多くの人がここで出産してよかったと感じている」

    2020年12月 第二子ご出産

    7年前に第1子を出産。胎児異常があり、予定していた産院(他院)から大きな病院へ30wより変更になり、心配なことが色々あるお産でした。助産師外来や呼吸法の指導などはなく、お産当日も声かけ等はないという状況でしたが、初めてのお産だったのでこんなものかと感じていました。

    » 続きを読む

    今回、第2子を授かることができ、しっかり指導してもらえる産院が近くにないか調べて篠﨑医院のホームページ、ブログにたどりつきました。通院がはじまり、先生、助産師さんの説明はとてもわかりやすく、妊娠初期~お産まで自分自身でもケアできること、準備できることを詳細に指導していただき、外来通院を始めてすぐにこちらを選んで良かったと思いました。今年はコロナ感染拡大により医療機関での感染予防対策はとても大変だと思います。私自身も医療機関で仕事をしているので、感染予防対策に日々対応に追われていました。篠﨑院では、妊産婦以外の立ち入りを徹底して制限している姿勢に安心して通院することができました。
    立ち会いや面会よりも、院内で感染者を出さないことの方が比べようもないくらい大切です。
    誘発分娩予定の為、予定入院となりました。お部屋はとても快適で、食事も毎食おいしかったです。血圧が高かったので超減塩メニューでしたが、減塩とは感じないおいしさでした。
    陣痛が始まってからは呼吸を意識して、呼吸に集中して…と思っていましたが、分娩室に移動して痛みが強くなってくると、そうもいかず。落ち着いてと自分に言い聞かせましたがどうしても呼吸が荒れて何度も取り乱しそうに(イヤ…取り乱していたと思います)その時に、近くで助産師さんが「大丈夫、大丈夫」「ゆっくりはいて」など指示してくれる声がとれも心強かったです。気持ちが折れそうになるのを何度も引き戻してもらえました。
    産後は、母乳の指導がとてもわかりやすく、またその都度アドバイスがもらえて、通院~ずっとたくさんのスタッフの方々にお世話になり、とても気持ち良くすごすことができました。
    こちらから相談したことなど親身になって対応していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
    まだまだコロナの対応等も含め、大変だと思いますが、きっと多くの人がここで出産して良かったと感じていると思いますので、皆さん身体に気をつけてがんばってください。
    スタッフの皆様の仕事ぶりや心遣いに、心から感動しました。本当にありがとうございました。
    お産は痛いし辛いけど、すでに忘れるくらい楽しい妊娠生活、出産をすることができました。お世話
    なりました。

    ▲折りたたむ
  • 「最初から最後まで寄り添って下さったお産」

    2020年11月 第二子ご出産

    1人目は実家の近くの病院で出産し、今回お産をやめてしまっていたこともあり、自宅の近くという理由と母乳育児推奨しているという理由でこちらに決めました。
    6月に引越してくるまでは都内の病院で健診をしていて途中から診て頂き、正直最初はもっとエコー見たいなとか助産師外来なんでこんなにあるのかなって思っていました(すみません💦)

    » 続きを読む

    初めて助産師外来をして、今までの産院とは全く内容が違くて、とても驚きました。上の子の事や生活の事、私の身体の事、赤ちゃんの事…色々話を聞いて下さり、アドバイスをして頂き、指導して頂き安心感を覚えました。
    食事管理もしてくれることにビックリでした!あれをした事で意識して生活することができました。また、前回のお産では会陰裂傷してしまい産後座ることがとても辛くて母乳をあげるのが大変で辛かったので今回もその恐怖がありました。
    しかしマッサージすることで防げる可能性がある事を知り、教えて頂いてから毎日、必死になってやりました!1人目の時も知りたかった!!
    上の子がいるため計画分娩で予定日より早く入院することにして頂き、ホッとしつつもそれよりも早く陣痛が来てしまったら…と不安に思うだけで自ら他の方法を考えていませんでした。他人任せだったことを反省しています。
    誘発分娩の予定でしたが、可能なら自然に陣痛来ないかな~と思っていたら8日の朝5時頃にお腹が痛くて起きて8時頃産院へ。陣痛だったものの、弱くて子宮口も2㎝程でした。1人目も微弱で促進剤を使用してのお産だったため今回もかな?と思っていたらやはり使うことに。ですが一向に強くならず…今日はもうダメか~と思っていたら、シャワーをあびて、夕ご飯を食べていたら痛みが強く…食欲が全く無くて食べれるモノを少しずつ、後半お茶で流し込み(笑)半分程食べて横になっていたら痛みが強くなり分娩室へ移動。そこからはあっという間でした。食事って大切なんだと実感しました!いきむ時のスタミナが足りず、バナナを食べることに。一口が大変でした💦でも食べてよかった!「ご飯!バナナ!」こんなに食べて良かったと思ったことはない!
    陣痛が痛くて呼吸が乱れたり「いたーい」と言ってる時も呼吸法を教えて下さり、波が来るとすかさず背中をマッサージしてくれてとても心強かったです。
    今回はコロナもあり夫の立ち合いができず不安でいっぱいでしたが、最初から最後まで寄り添って下さり、不安は無くなっていました。最後のファーの呼吸もいざ本番となると出来ず、声を掛けて下さったおかげでなんとか出来ました。ありがとうございます。
    書きたい事伝えたい事がありすぎて全くまとまらず申し訳ありません。ただただ、感謝の気持ちでいっぱいです。
    産まれてからも私は体力が戻らず母乳も出ず、前回と違う自分の身体にとまどうばかりでした。「焦らなくて良いよ」と言われ、「しっかり休めることが大切」と言って頂いた時、涙がこぼれそうになりこらえるのに必死でした。今は焦らずゆっくり進みたいと思えるようになりました。ありがとうございます、
    妊娠、出産、産後、大変お世話になりありがとうございました。
    お産の森で出産できた事はとても幸せなことです!
    院長先生、助産師さん、看護師さん、ヘルパーさん、スタッフの方々、沢山の方々に支えて頂き我が子を抱くことができました。本当にありがとうございます。退院するのが嬉しいやら不安やら寂しい…寂しい!
    そして毎日楽しみだった食事。本当に美味しくて美味しくて!!
    レシピ知りたい!そして出来ることなら家族にも食べさせたい!毎日食べに来たい!ごちそう様でした。

    書ききれませんが、本当に本当にありがとうございました。
    3人目を授かることがあれば、絶対にお産の森で産みたいです!
    お身体に気を付けて お仕事頑張って下さい✊!!応援しています🏳‍🌈
    コロナで色々ありますが、コロナのおかげで今回強くプロの方々の心強さを実感できた気がします。夫や家族がいなかった分?皆さんの凄さを知ることができました。普段見えない気にとめないことを沢山知れた日々でした。

    ▲折りたたむ
  • 「円座クッションいらない???」

    2020年10月   第二子ご出産

    第1子は別の産婦人科を利用しまして、2人目もはじめはその産婦人科で産む予定でした。
    でも、どうしても篠崎医院さんが気になり、HPやブログを読んでいたところ、「円座クッション」を使わなくても座れるという情報におどろき飛びつきました。

    » 続きを読む

    1人目の時は会陰をお尻の方まで切り、入院生活は円座クッションなしでは座ることができずすごくすごくツラい思いをしました。
    義母もあそこの先生はうでがイイから追っかけもいると聞くと話していたこともあり、2人目はこちらでお世話になろうと決めました。
    ネットのうわさで「きびしい」「態度が悪い」と耳にして不安もありながら初受診。先生も受付の人もスタッフの人もみなさんいい方ばかりでネットのうわさはアテにならないと思いました。あのうわさを信じてしまい篠﨑医院さんでのお産をあきらめてしまう人がいたら本当にもったいないです。
    私がもし3人目もさずかれた時は必ずこちらにお世話になりたいと思っています。人気が爆発して予約が取れなくなってしまうのは心配ですが…。

    お産についても周りの方が全力でサポートしてくださっているのが分かりました。
    1人目の時は産まれる直前まで分娩台に1人っきりでしたが、こちらでは常に助産師さんがそばにいてくれて心強かったです。赤ちゃんが産まれる時あまりの痛みと以前に感じた恐怖で叫んで体をよじってしまいましたが、冷静に優しく指導して下さり、私も少しずつ理性を取り戻れました。本当にお世話になりました。産後少し切れてしまったのですが、先生にキレイに処置して預けてお産当日から普通に座ることができました。心のそこから感動しました。
    入院生活も細やかな心配りをして頂きあっという間の3日間でした。
    正直帰りたくないと思ってしまうほど頼りになる方々ばかりです。はなれるのがさみしいです。
    また第3子ができたときはよろしくお願いします。
    みなさま本当にありがとうございました!

    ▲折りたたむ
  • 「口コミを信じて産院を変えた方には全力でそれは違う!!」

    2020年9月  第一子ご出産

    妊娠が分かり、すぐに産院選びに取り掛かりました。他の有名な産院と迷いましたが、ここで産む決め手となったのがホームページの「出産体験談」でした。体験談を読み、ここの産院はお腹の中の赤ちゃんを第一に考えている産院だと感じました。私も無事出産を終えて体験談を書ける日が来て嬉しいです。
    本当にここで出産することを決めてよかったです!!

    » 続きを読む

    院長先生をはじめ産院の方全員が親切で優しい方ばかりでした。
    HPで助産師さんのマイナスな口コミを何度も見かけましたが、それを信じて産院を変えた方がいたら全力で違うと伝えたいです!!
    初めての出産でコロナの中、立ち会いも面会も出来ず不安だらけでした。
    出産当日、陣痛が来て苦しんでいる中ずっと助産師さんが腰を擦って付き添ってくれました。どこが痛い?と聞いてカイロで温めて当ててくれて、指圧、擦る、呼吸法を教え、優しい声掛け、迅速な対応、もう何から何までサポートしてくれてずっと一緒に闘ってくれたんです!!あの日一緒に付き添ってくれた看護師さん、助産師さんには本当に感謝しきれません。赤ちゃんの命を守る為懸命に闘ってくれた姿、感動です。一生忘れないです。
    赤ちゃんを守りたいからこそ伝えているのに「厳しい」と捉えてしまう方がいるみたいです。人それぞれ捉え方や感じ方が違うので難しいですが、あの時指導された事が活かされている無駄じゃなかったと産後感じることだらけです。小さなコツコツが大きな成果としていつか実るのでこれからは1児のママとして継続して頑張りたいです!!

    授かりものなので分かりませんが 第2子を出産する時は
    まだここで産みたいと思います。
    幸せな出産体験、そして素敵な宝物を一緒に育ててくれて
    ありがとうございました。

    ▲折りたたむ
  • 「あそこは厳しいよ」

    2020年8月  第二子 ご出産

    3度目の妊娠です。
    初めての妊娠は、残念ながら初期流産してしまいました。
    2度目の妊娠で生まれた子は今はもう3歳。つくば市の総合病院でした。近くに引っ越してからは‘‘もし妊娠したかここで‘‘と思っていました。

    » 続きを読む

    職場の人が2名、ここで出産経験があり、口を揃えて「あそこは厳しいよ!」「明日また何言われるのかな~(泣)」と言っていました。それを聞いて、‘‘怖いな…‘‘というよりは、どんな風に怖いのか逆に興味がわきはじめさっそくホームページを見ました。ブログを見たところ、確かに怖いかも(⁻∇⁻)…と思いましたが、口調は強いもの、言っている事は的確なことばかり。
    ますます興味がわきました。
    それからつかの間、今回産まれたチビ助を授かることができ、さっそく病院へ。建物の雰囲気は木の温もりで心地よく通えそうだと思いましたし、流産の事が頭をよぎる中、毎回の診察で優しく丁寧に答えてくださる先生のおかげで安心することができました。また助産師のみなさんの的確な指導やサポートもあり順調にきていました。しかし、9ヶ月になり内診した所、子宮頸管の短さで自宅安静に。上の子が活発な中色々と大変でしたが、実家で過ごしながらじっと耐えて耐えて、赤ちゃんがうまれても問題ない週数まできました。

    生まれる前々日におしるしがあり、不安やドキドキで寝付くことができず、次の日には朝から軽いはき気やめまいなどがありました。その日は早めに就寝しましたが、朝方3:30頃、お腹の重だるさで目が覚めました。もしかして?と思っていると張りが10分きるくらいに。5時前に病院に着くころには強い痛みになっていました。(その日は新月だったから?5人ほど同時に陣痛があったそうです。スタッフさん大変だったと思います。ありがとうございました。)←スタッフさんが言っていた。満月や新月の日にお産がふえるらしい…。。。

    そのあとの事はあまり覚えていませんが、   いきみたい!とかなり強い圧迫感のあと、バンっと破水し、その時には股に頭が挟まった状態に。突然の事でパニックになりかけましたが、助産師さんの言葉で我に返り、必死に息を落ちつかせ、うまく痛みを軽減させられました。
    前回はかなえられなかった、生まれてすぐにへその緒が繋がったまま抱っこをすることができて とても感動しました。胎盤もみることができました。
    その際に、見せるだけではなく、「ここの役割はこうでね…」とか「いい状態だね」など、細かく説明してくださったのも嬉しかったです。

    前の病院と比べるのもですが…
    副医院長もおっしゃっていましたが、(たしかブログで?)明るすぎるオペ室に股を広げてねころがる分娩台。そこで生まれてくる赤ちゃんは外の環境にビックリするよな。ギャーーー!!って泣くよな。。。
    前から違和感は持っていたのもあり、先生の話には納得しました。(フリースタイルで良かった)
    食事指導も、「体重管理には気をつけてね」「健康的な食事を」くらいしか言われませんでした。何を気をつければいいのか、最悪ごはんを抜く、という選択肢をしてしまう可能性もあります。
    「乳製品や小麦類は…だから」などと、適切にアドバイスしてくださり、納得して妊娠時だけではなく、授乳期や、それ以降も自身の体のことをもっと考えるきっかけをつくって下さいました。
    なんの為の勉強会なのか…自分の大切な赤ちゃんの為に出来ることをする。
    うむのは自分。他人まかせにしてはいけない当たり前のことを考えさせられました。
    あっという間に10ヶ月がたち、今ノートに書いていることを嬉しく感じます。
    入院中もたくさんのスタッフさんに支えられ安心して過ごすことができました。
    退院するのがさみしくもありますが、本当にありがとうございました。感謝♡👶

    ▲折りたたむ
  • 「口コミを信じて産院を変えた方には全力でそれは違う!!」

    2020年9月 第一子ご出産

    妊娠が分かり、すぐに産院選びに取り掛かりました。他の有名な産院と迷いましたが、ここで産む決め手となったのがホームページの「出産体験談」でした。体験談を読み、ここの産院はお腹の中の赤ちゃんを第一に考えている産院だと感じました。私も無事出産を終えて体験談を書ける日が来て嬉しいです。
    » 続きを読む

    本当にここで出産することを決めてよかったです!!
    院長先生をはじめ産院の方全員が親切で優しい方ばかりでした。
    HPで助産師さんのマイナスな口コミを何度も見かけましたが、それを信じて産院を変えた方がいたら全力で違うと伝えたいです!!
    初めての出産でコロナの中、立ち会いも面会も出来ず不安だらけでした。
    出産当日、陣痛が来て苦しんでいる中ずっと助産師さんが腰を擦って付き添ってくれました。どこが痛い?と聞いてカイロで温めて当ててくれて、指圧、擦る、呼吸法を教え、優しい声掛け、迅速な対応、もう何から何までサポートしてくれてずっと一緒に闘ってくれたんです!!あの日一緒に付き添ってくれた看護師さん、助産師さんには本当に感謝しきれません。赤ちゃんの命を守る為懸命に闘ってくれた姿、感動です。一生忘れないです。
    赤ちゃんを守りたいからこそ伝えているのに「厳しい」と捉えてしまう方がいるみたいです。人それぞれ捉え方や感じ方が違うので難しいですが、あの時指導された事が活かされている無駄じゃなかったと産後感じることだらけです。小さなコツコツが大きな成果としていつか実るのでこれからは1児のママとして継続して頑張りたいです!!

    授かりものなので分かりませんが 第2子を出産する時は
    まだここで産みたいと思います。
    幸せな出産体験、そして素敵な宝物を一緒に育ててくれて
    ありがとうございました。

    ▲折りたたむ
  • 「厳しい病院!?」

    2020年8月 第ニ子ご出産

    3度目の妊娠です。初めての妊娠は、残念ながら初期流産してしまいました。2度目の妊娠で生まれた子は今はもう3歳。つくば市の総合病院でした。近くに引っ越してからは‘‘もし妊娠したかここで‘‘と思っていました。職場の人が2名、ここで出産経験があり、口を揃えて「あそこは厳しいよ!」「明日また何言われるのかな~(泣)」と言っていました。» 続きを読む

    それを聞いて、‘‘怖いな…‘‘というよりは、どんな風に怖いのか逆に興味がわきはじめさっそくホームページを見ました。ブログを見たところ、確かに怖いかも(⁻∇⁻)…と思いましたが、口調は強いもの、言っている事は的確なことばかり。

    ますます興味がわきました。

    それからつかの間、今回産まれたチビ助を授かることができ、さっそく病院へ。建物の雰囲気は木の温もりで心地よく通えそうだと思いましたし、流産の事が頭をよぎる中、毎回の診察で優しく丁寧に答えてくださる先生のおかげで安心することができました。また助産師のみなさんの的確な指導やサポートもあり順調にきていました。しかし、9ヶ月になり内診した所、子宮頸管の短さで自宅安静に。上の子が活発な中色々と大変でしたが、実家で過ごしながらじっと耐えて耐えて、赤ちゃんがうまれても問題ない週数まできました。

    生まれる前々日におしるしがあり、不安やドキドキで寝付くことができず、次の日には朝から軽いはき気やめまいなどがありました。その日は早めに就寝しましたが、朝方3:30頃、お腹の重だるさで目が覚めました。もしかして?と思っていると張りが10分きるくらいに。5時前に病院に着くころには強い痛みになっていました。(その日は新月だったから?5人ほど同時に陣痛があったそうです。スタッフさん大変だったと思います。ありがとうございました。)←スタッフさんが言っていた。満月や新月の日にお産がふえるらしい…。。。

    そのあとの事はあまり覚えていませんが、 いきみたい!とかなり強い圧迫感のあと、バンっと破水し、その時には股に頭が挟まった状態に。突然の事でパニックになりかけましたが、助産師さんの言葉で我に返り、必死に息を落ちつかせ、うまく痛みを軽減させられました。

    前回はかなえられなかった、生まれてすぐにへその緒が繋がったまま抱っこをすることができて とても感動しました。胎盤もみることができました。

    その際に、見せるだけではなく、「ここの役割はこうでね…」とか「いい状態だね」など、細かく説明してくださったのも嬉しかったです。

    前の病院と比べるのもですが…

    副医院長もおっしゃっていましたが、(たしかブログで?)明るすぎるオペ室に股を広げてねころがる分娩台。そこで生まれてくる赤ちゃんは外の環境にビックリするよな。ギャーーー!!って泣くよな。。。

    前から違和感は持っていたのもあり、先生の話には納得しました。(フリースタイルで良かった)

    食事指導も、「体重管理には気をつけてね」「健康的な食事を」くらいしか言われませんでした。何を気をつければいいのか、最悪ごはんを抜く、という選択肢をしてしまう可能性もあります。

    「乳製品や小麦類は…だから」などと、適切にアドバイスしてくださり、納得して妊娠時だけではなく、授乳期や、それ以降も自身の体のことをもっと考えるきっかけをつくって下さいました。

    なんの為の勉強会なのか…自分の大切な赤ちゃんの為に出来ることをする。

    うむのは自分。他人まかせにしてはいけない当たり前のことを考えさせられました。

    あっという間に10ヶ月がたち、今ノートに書いていることを嬉しく感じます。

    入院中もたくさんのスタッフさんに支えられ安心して過ごすことができました。

    退院するのがさみしくもありますが、本当にありがとうございました。感謝♡👶

    ▲折りたたむ
  • 「分娩中痛いやら、助産師の仕事に感動したお産」

    2020年5月 第一子ご出産

    今回妊娠発覚した時、旦那さんからとても外観が素敵な産院が守谷にあるよ。と教えてもらいました。調べてみると「入院中のご飯が美味しい、又産むならここで産みたい。」というような口コミも多数あり、こちらでお世話になることに決めました。» 続きを読む

    8月以降は体重増加を指摘されることが多く、恥ずかしながらお産のためというより健診で注意されない為に、健診数日前から食事や運動に気を付けるといった本末転倒なことをしていました。ここまで来てもまだどこか他人ごとのように思っていたのかもしれません。しかし予定日前最後の健診で体重増加を指摘され、赤ちゃんが下がっていないので予定日超過かもといわれ「自分の為赤ちゃんの為、行動をしなければ」とようやく我に返りました。それからは予定日までの食事の献立を考え、スクワットや散歩の時間を増やし生活を整えることができたので、あの時厳しくご指摘いただいたことを感謝しています。

    出産の当日は朝5時破水午後3時から本陣痛があり夜7時には分娩室に入るという初産にしてはスムーズな流れで進んでいったと思います。

    ただ子宮口が全開になった午後8時から何度いきんでも赤ちゃんの頭がでてこず、「いきむ→休む」の繰り返しを2時間半ほど痛すぎて陣痛はきてほしくないけど先に進めなきゃ。という気持ちでただただつらかったのですが、その間担当の助産師さんが足や腰をずーとさすってくれたり、米ぬかカイロを取り替えてくれたり、バナナやポカリを補給してくれたり、常に進行状況やすることを伝えつつ前向きに励ましてくれたりで(その時の声のトーンがまた絶妙でした)、もうその仕事ぶりにずっと感動していました。痛いのと感動とで感情がもうぐちゃぐちゃでした。

    そのうち赤ちゃんと私の体力も危うくなってきたので吸引分娩をすることになり、院長先生が夜中にもかかわらず来てくださいました。

    担当の助産師さんには「分娩中、仕事ぶりに感動しました」と伝えたところ、「お母さんと赤ちゃんが一番頑張ったのよ」と言っていただきさらに惚れました(笑)。

    産後直後はただただ安堵でしたが、次の日の朝、外のウグイスの鳴き声をお部屋で聞いているうちに人生で味わったことのないくらい幸せな気持ちになりました。

    「お産の森 いのちのもり」この産院にぴったりな名前だな……。

    今、妊娠が確定してから今までのエコーを見返していますが「この時、性別が分かったよな……」とか「この時は体重増えたから健診に行きづらかったな……」とか毎回の健診の思い出が蘇ってきます。

    改めて篠﨑医院でお産できて良かったなと思います。

    ▲折りたたむ
  • 「魔法のような手で安心な生活へ導いてくれる」

    2020年5月 第二子ご出産

    新コロナウィルスの影響でクラスや立ち会い出産、面会でも制限の状況の中でも安心してお産、退院を迎えることができました。

    これもスタッフの皆さんの対策やケアのおかげです(早く「そんな大変な時期もあったね」と笑える日が来ることを祈るばかりです)。» 続きを読む

    2014年9月第一子でもお世話になり「次もここで!!」と決めていました。つぎが発覚し久しぶりに喜んで通院したものの、残念な結果が待っていました。それから数年また同じことがあり「二人目不妊」『不育症』というワードで頭がいっぱいになっていた私に院長先生は相変わらず優しく声をかけてくださいました。

    改めて妊娠、命という奇跡に感謝して……生活している3度目の正直、そして妊娠生活が順調に過ぎました。とはいえ順調と思っていたのは私だけ。「冷えやムクミがすごいよ!?」と助産師外来で自分の身体や生活に気づかされ漢方を飲むと完全が実感できる!!見たり聞いたり触れて状況を的確にアドバイス頂けることは本当に安心なこと。きっと総合病院ではないこと。

    お産中、入院中には助産師さんの魔法のような手に助けられるはずです。自分ではどうしていいかわからないおっぱい(母乳)のことも退院までにアドバイス、安心な生活へ導いてくれました。

    ~これから通院される方へ~
    ?診察でのアドバイスはすべて意味や、実勢が詰まっています。
    ?なんでも質問しちゃいましょう!!赤ちゃんやあなたのために喜んで教えてくれます。
    ?「キレイだし、食事も美味しいらしい」と私のように選んだ方、それはもちろん正解ですが、一番は全スタッフさんのスキルと思いが最強です。そんな病院が近くにあったことに幸せと感謝。

    ▲折りたたむ
  • 「お産とは独り善がりせず、力むことなく、委ねて、受け入れ抗わない事」

    2020年3月 第三子ご出産

    今回のお産はこちらで2度目のお産となりました。

    1年半前にこちらで二人目を出産した直後分娩台の上で「もう一度、ここで産みたい!!」と思うほど幸せなお産をさせてもらえたので、今回は良い意味で何も望むものがなくすべてを委ね、受け入れ、感じ切ったお産でした。» 続きを読む

    有るものを無いとしない
    無いものを有るとしない
    そんな自然のお産をさせてもらえたように思えます。

    帝王切開じゃないとか、誘発じゃないとか、吸引しない、痛くない、怖くないとかじゃなくて、自然のお産ってそういう事なのかなと、私は感じています。

    ここでの自然のお産を通して、私は命を産み出すときに必要なのは、どうにかしようと独り善がりに力むことではなくて委ねて受け入れて、抗わない事だったのだなぁと知りました。

    そしてそれは
    生きていくうえでも大切な事のように思います。

    なんと 力んで 産んできた事か。
    なんと 力んで 産んできた事か。

    力を抜いてみて初めて
    それまでの自分がどれだけ抗って
    ぎゅっと力んできたかを知りました

    怖いと思う自分を受け入れて
    できないことがある自分も受け入れて
    痛みを呼吸で溶かしたら
    スーと余計なものが抜けていき沸き起こる力が私を突き抜けていきました。

    ちょうどお産の直前に耳にしたような「♫いつも何度でも」という曲を
    体感したような感じです。
    「始まりの朝の 静かな窓 ゼロになる体 みたされていけ
    海のかなたには もう探さない 輝くもの いつもここに
    私の中に みつけられたから  ~いつも何度でも~」

    追記
    入院生活を終える部屋を出ようとする今、感謝と幸せが溢れ出ます。
    ありのままを受け入れてくれ自然なお産はこんなにも心と、体と赤ちゃんが
    無傷で穏やかで充たされているのですね。
    今回も本当に、本当に幸せなお産をありがとうございました。

    ▲折りたたむ
  • 「出産前と出産後の気持ちの違い」

    2020年2月 第一子ご出産

    家から近くきれいで評判のいいこちらの病院で出産したいとずっと思っており、妊娠が発覚した次の日にはTELをして予約を取ったのを覚えています。 妊娠生活は仕事をしつつ不安なことも多かったですが、健診の度先生からの「うん。赤ちゃん元気だよ」の言葉に助けられました。» 続きを読む

    出産は25日自宅で就寝するくらいから陣痛らしき痛みがありだんだん横になってもいられず、朝方5時くらいに病院へTELしました。朝方だったにもかかわらず、スタッフの方が優しく迎えてくださいました。5分間感覚の陣痛が1日続き食事も睡眠もできず26日の朝にはもうヘロヘロでした。ところが26日担当して下さった助産師さん。その日あったのが初めてだったのに本当に好きになりました。「一日中耐えたのだから必ず赤ちゃんに会おうよ」とその一言に泣いてしまいました。本当に心救われました。促進剤を使用し吸引分娩となかなかな出産でしたが分娩室や陣痛室で陣痛を耐えているときもスタッフの方々がみんなで身体を温めに来てくれたり、背中をさすってくれたり付き添ってくれたり本当に心強かったです。出産後も「おめでとう」、「お疲れさま」と皆さんすれ違うたびに声をかけて下さり嬉しかったです。

    そして25日26日27日と1日違いで出産したママ友もでき、隣のお部屋から赤ちゃんの泣き声がすると、私も頑張ろうという気持ちになりました。素敵な出会いに感謝です。

    家に帰るまでの入院生活はスタッフさんに支えられ……本当にありがとうございました。

    第二子も絶対こちらでお世話になります。

    そしてこのノート。よく外来の待ち時間に読んでいましたが出産前に読むのと出産後に読む気持ちは全然違います。どの記録も見るたびに涙しています。

    ▲折りたたむ
  • 「お産の森の真骨頂」

    2020年1月 第三子ご出産

    都内から取手に引っ越ししてきて1年がたったころ第三子を授かりました。近所の知り合いが以前、篠﨑医院でお産したという話を思い出し何気なくHPを見るとまるで別荘のよう!と感動しここに行ってみよう!と決めました。» 続きを読む

    一人目、二人目は里帰り先の大学病院で出産しました。子宮口が開いてくるまでじわじわ来る陣痛に一人耐え分娩台に乗ったら足を固定されライトを煌々と浴び「息止めて!」と踏ん張るように指示され、痛くて苦しくて目を閉じ訳のわからなくなりそうになりながら産んだという感じでした。時間的には二人とも4時間5時間と早かったのですがお産は痛い辛い怖いという思い出しかありませんでした。

    お産の当日は破水から始まり入院してすぐ10~15分間隔の弱い陣痛が始まり、1時間後には5分間隔の割としっかりした陣痛に変わりました。そんな中夕食を分娩台の上で食べ終わったころから呼吸に集中したくなるような陣痛が2~3分おきに来ていました。徐々に強さも感覚も変化する中で「いよいよだ!」「赤ちゃんが勇気を出して生まれてきてくれる!」と気を奮い立たせ「がんばれー!」「上手だよー!」とお腹の赤ちゃんに話しかけながら陣痛と向き合うことができました。息を吐くことに集中して冷静でいられることができ赤ちゃんが下りてくる感覚もわかり、最後は頭を触れて生まれた瞬間に胸の上にのせてくれ本当に大満足のお産ができました。終始安心できる声掛けやマッサージ、呼吸のアドバイス、励ましの言葉をくれ、赤ちゃんの名前を一緒に呼んでくれた助産師さんには本当に感謝しています。そして何よりも今回初めて立ち会った夫の支えはとても大きかったです。二人で赤ちゃんを迎えられたという達成感でいっぱいでした。

    出産がゴールではなくこれからが本番ですが夫とともに最高のスタートを切れこれから家族5人新たな形を築いていけそうです。

    篠﨑医院に決めたとっかかりは外観や内装の素敵さでしたが、お産を終えて退院を控えるいま本当にこの産院にお世話になれてよかったと心の底から思います。

    ここに来る方の大半は私と同じように建物が素敵だからなどの理由からではないかと思います。建物が素敵なのはもちろんです。でも本当の凄さは副院長のブログを読むとわかります! 私はそのブログの存在に気付くのが遅く、ずっと受け身で外来に通い、各クラスを受けていました。お灸、ヨガ、整体、ラズベリーリーフティ、米ぬかカイロ、レッグウオーマーなどクラスで紹介され掲示もされており、取り入れることの重要性を素直に受け取り実行することで自分が救われます。

    これからお産する方はぜひ日々の「お産の森で逢いましょう」のブログを読み、知識を付け色々積極的に取り入れて万全の体制でお産に臨んでいただきたいと思います!

    ▲折りたたむ
  • 「お産は他人任せにはできないという当たり前の事」

    2019年12月 第二子ご出産

    お産の森での出産は今回が初めてでした。守谷に引っ越してきて第二子を授かる前から、木の温もりを感じられる雰囲気のよさそうな産院だなと思っていました。実際、子供を授かることができ通いだしてみても待合室や受付での対応、院長先生、助産師の皆さん、とても優しくかつ的確に妊娠中のサポートをして下さりました。» 続きを読む

    第一子の産院と比べてはいけないのですが、自分自身の覚悟ではありませんが仕事をしていたこともあり、どこか「産院がどうにかしてくれる」と甘い考えがあったように思います。ですが勉強会への参加や普段の診察のなかで、お産の森では「産むのは自分」そして「大切な子供の事」自分でまずどうにかしなければならない。他人任せにしてはならないと、当たり前の事ですが考えさせられました。もちろん何か起こった際には直ぐに相談もできる心強い付き添い人である事は言うまでもありません。

    また、いつも穏やかに対応して下さる院長先生に、ちょっとした体の不調にも細かく気づいて対応して下さる助産師さん。私は妊娠中年齢的なものもあり第一子時よりも多く不調が見られましたが、先生たちのおかげで臨月ころには元気に産む準備ができるまでになりました。本当に心から感謝しています。

    そして分娩時には陣痛の痛みが来るたびに不安になったのですが、助産師さんたちの暖かい励ましの声、わかりやすいいきみ方、息の吐き方といった声掛け、マッサージ、本当に本当にありがたかったです(泣)。これがあったからこそのスピード出産だと思っています。その後も裂けた会陰の部分をきれいに縫っていただき、入院後期は痛みも引きました。

    この入院生活。毎食美味しいごはんが食べられ、明るくて優しい看護&清掃スタッフの皆さん。本当にリラックスした生活を送る事ができました。

    それから第一子時にも悩まされた母乳についても親身になって相談に乗っていただき、解決方法はもちろん退院後自分の力でやっていけるのではないかという自信までいただけました。

    ▲折りたたむ
  • 「お産の森に無駄はない」

    2019年10月 第一子ご出産

    知り合いがこちらで出産しており、良いとは聞いていました。
    最初は家からの距離や予約状況などを考慮してこちらでの分娩を決めましたが、結果として大正解でした!!» 続きを読む

    私自身看護師ですが、産科領域は学生の時以来かかわることなく試験の為学んだ知識はもう忘れてしまいました。そのため「看護師なのに、そんなことも知らないの?」と思われてしまうのではないかと最初は変に構えていました。しかし院長先生の診察でその不安はあっという間に払しょくされました。

    ほんとに些細な質問でも嫌な顔せず丁寧に答えて下さる誠実でやさしい対応や、相手が医療者などは関係なくお腹の赤ちゃんと母体を第一に考えてくださる対応があったからです。

    妊婦クラスを受講していても、妊娠中期までは私の妊娠に対する考えが甘く、仕事を理由になかなか自分の体と向き合えませんでした。お腹の張りにも気づけず結果27Wで切迫早産。まさか自分が切迫になるとは思っていなかったため、そこでやっとお腹の赤ちゃんに申し訳ないと、これまでの考えを猛省しました。

    クラスや外来で言われたことをもっと早く実行していれば防げたことだったからです。お産の森では、本当に無駄なことは教えていないのだと痛感しました。

    院長先生が労務不能の指示を出してくださったおかげで仕事を休むことができ、やっとお腹の赤ちゃんと自分の体に向き合うことができました。その時期があったから、私自身母親になる準備ができたのだと思います。安静期間中、精神的に何度も挫けそうになりましたが健診での院長先生や助産師さんの言葉に何度も救われました。単に励ますような言葉ではなく「その辺はあまり気にしなくていいよ、でもここは注意してね。優先してね。」というように、正しい方向に誘導して下さいます。

    マニュアルではなく目の前の患者一人一人に必要な事をオーダーメイドでアドバイスして下さるのはお産の森ならではないかと思いました。

    予定日になり陣痛が来なかった為、翌日促進剤をする予定で入院したところ自然に陣痛が来てくれて深夜に生まれました。

    お産の時はなかなか力を抜くことができなかったのですが、その時も先生や助産師さんが呼吸法やいきむタイミングを誘導して下さり乗り切ることができました。

    夜間だったため人出が少なく分娩の準備で忙しいはずなのに陣痛の波が来たタイミングで駆け寄ってきて下さり一緒に呼吸法を実践してくれた助産師、看護師さん本当にありがとうございました。

    又お産中に「痛い」とだけ言ったら、どことは言わずとも先生はすぐに「ここでしょ」とわかって下さっていました。

    本陣痛が来てから約2時間半で(副院長、早めに入院させて下さり、ありがとうございました!)産むことができこんなにもあっという間なのか!と旦那も私も驚きました。安産だったおかげで産後の回復も早く身体的にも精神的にも楽でした。そうなれたのは、妊娠期から的確な指導があったからです。

    いわれた通りの養生をすれば身体は正直で安産になれるということ、安産になれば産後の体がとても楽で、その後の育児も負担が少なくて済むのだということを実感しました。

    産後は病棟スタッフの皆さんも全員親切で優しく、院内も清潔で、ご飯もおいしく、シャンプー類は良い匂いで、とても快適な入院生活が送れました。

    また情報共有がしっかりされており病棟のスタッフさんによっての情報のむらがないことも安心でした。

    授乳に関しても何もわからない私に嫌な顔一つせず親身に相談に乗って下さり、授乳の時間に一緒に実践で指導していただき本当に感謝しています。助産師さん誰もが優しく根拠を持って指導して下さるので、とても勉強になります。特に助産師のZさんには外来のころよりお世話になりました。夜間赤ちゃんが泣きやまず悪戦苦闘していたタイミングで訪室して下さり本当に助かりました、ありがとうございました。

    ここまで患者さん一人一人に寄り添い、親身になって下さる医師、助産師、看護師は見たことがありません。院長先生はちょっとでも痛み苦痛が伴う処置や身体に触れるときは必ず声をかけて下さる為、処置や内診も安心して受けることができました。そして副院長先生の「今は努力をしないと安産が難しい時代」「お産は楽しいものよ」という言葉は、出産を終えた今とても実感します。実際この10ヶ月大変だったことも多くありましたが自分の身体と向き合えた期間はとても充実していました。何より赤ちゃんとやっと対面できたお産は心から幸せで楽しかったです。産後の回復も早いと幸福感も倍増でした。

    こういうお産なら、二人目も早くほしいなと思うほどです。( ´∀` )

    これからは、産まれてくれたこの子とともに一緒に成長していきたいと思います。もう少し成長したらこの子に「あなたが生まれてきた産院はとっても素敵なところだよ」と教えてあげたいです。

    ▲折りたたむ
  • 「女でよかった」

    2019年8月 第三子ご出産

    お産の森と出会ったのは、1年と少し前。
    その間に生まれることができる命ばかりではないという
    悲しい経験をしました。
    1年後の今日、新しい命を腕に抱き無事家族のもとへ帰ることが
    できることを、嬉しく思います。» 続きを読む

    ★長男8年前 総合病院で自然分娩
    ★次男6年前 別の産婦人科で和痛分娩
    「どうして女ばかりが痛い思いをしなければならないのか
    この痛みを知らずに親になれるなんて夫はいいな……」

    初めてのお産からずっとそう思っていました。

    今回3度目にして初めて子供を産む喜びを感じることが
    できました。

    「女でよかった。
    この喜びを味わうことができないなんて夫は可哀そうだな……」

    そんな風に思える日があるなんて、思ってもいませんでした。
    娘がいたら話してあげたい。

    自制心が吹っ飛びそうなほど陣痛はつらいけど
    怖がることはないよ。
    あなたはちゃんと頑張れるし
    赤ちゃんも頑張っているんだよ

    いい産院と出会えたら
    お産は素晴らしいよ

    そのために自分の体も、赤ちゃんの体も
    大切に行動するんだよ

    あいにく、息子しかおらず
    残念です。

    もっと早くにお産の森に会いたかった
    もう少し若ければ……なんて……。

    ありがとうございました。
    お産進行中、助産師さんの優しい的確な声かけと
    マッサージのおかげで赤ちゃんにエールを送るつもりで
    呼吸に集中することができました。
    ありがとうございます。

    ▲折りたたむ
  • 「根拠のない自信」

    2019年8月 第一子ご出産

    私は昨年2018年に2回残念な経験をしていて、こちらに初めてお世話になったのはおそらく2018年の4月だったと思います。その時は残念ながらこの病院で無事出産まで迎える事はできませんでしたが、建物や周りの環境の素敵さなどすごく印象に残っていていつかここで出産したいなと思っていました。ようやくここで無事に出産までたどり着くことができてかわいい赤ちゃんに会う事ができて本当に感激です。» 続きを読む

    里帰り出産で一か月と少しの間、夫と離れて常総市の実家での生活になりました。
    実家での生活は普段の生活ほど自由がきかないし、時間が余ってストレスもたまりがちでしたが健診のたびに病院に来て助産師の先生や看護師の皆さん、院長先生とお話しできることがとても楽しい時間になりました。体重の事など、注意される事も多々ありましたが食事や体操、お灸やお茶のことなど具体的なアドバイスをたくさんいただいてすごく感謝しています。

    私は、実家での生活が時間に余裕があったこともありインターネットなどでたくさんの出産の体験談を読みあさっていました。いろんな記事を読むうちに「きっと私はすごく安産になるに違いない」「私は陣痛に強いタイプに違いない」と根拠のない自信が何故か沸いていました。しかし実際のお産は真逆で産院の皆さんには大変、大変お世話をかけてしまいました。
    朝の7時ごろ?病院に到着し、15時位まであまり強くならない陣痛が続いていたと思います。赤ちゃんの心音が強い張りの度に下がってしまっているという事で、院長先生の診察が入りまだまだ降りてきていない赤ちゃんの状況から急遽、帝王切開へ変更しようという話になりました。「わしがちゃんと呼吸できていないから赤ちゃんの心音が下がっちゃうんだ」とか、「骨盤のゆがみを放置しておいたから降りてこれないんだ」とか、正直自分を責めてしまいました。帝王切開の準備が始まったあたりで破水、急にそれまでとは比べ物にならないような強い張りが始まりました。あまりの痛みに半狂乱のようになってしまった私。痛い~!!!!ギャ~~~!!!!と大声で叫びまくり……。思い返すと本当に恥ずかしいです。もう本当に自分は耐えきれないのではないかと思いましたが、周りにたくさんの助産師さんや看護師さんがいてくださり、私の体を支えて声をかけてくださいました。右も左も分からないくらい必死で痛みと戦っていた私ですが、腰をさすってくれる手や呼吸の仕方へのアドバイス「目をちゃんと開けて。」など声をかけてくださったことをすごくよく覚えています。
    はいつくばってお産の部屋からオペ室への移動、先生が麻酔を打とうと準備してくれているころに何故か子宮口全開、赤ちゃんの頭が見えていた様です(痛みと戦ってとにかく早く麻酔で楽にしてほしいとしか考えていなかったので、実際どういう流れだったのかは不明ですが……)。
    そのまま麻酔をした状態での吸引分娩となりました。「きっと赤ちゃんが下から生まれてきたかったんだね。」と皆さんおっしゃっていました。院長先生が「ラストスパートすごかったね。」とおっしゃっていたのが印象的です。なんだかすごくイレギュラーなお産を経験してしまったのではないかと思います。
    周りにはたくさんの助産師さん看護師さんがいらっしゃいました。皆さんに協力してもらい導いてもらえなかったら赤ちゃんは誕生していないと思うと、お産の森の皆さんへの感謝の気持ちが湧いてきてなんだか涙が出そうになります。本当に、本当にありがとうございました。

    お産の日から三日が経ちましたが、まだ興奮が残ているのか長々と乱文を書きなぐってしまいました。すみません。とにかく大騒ぎしながらの出産にやさしく対応してくださった産院の皆さんにとっても感謝しているという事をお伝えたいです。

    産後も丁寧なおっぱいの指導を受けられたことがうれしかったです。退院してから上手にできないこともあるかもしれませんが、教えてもらったことを頑張って実践しようと思います。どのスタッフの方もこちらの質問にやさしく答えてくださって本当に助かりました。ありがとうございます。
    また個人的にすごく思い出に残ったのがお食事です。毎回本当においしくて栄養がたっぷりでヘルシーで……退院するのが悲しくなります。いつかこのお食事をもう一度食べるためにもう一度出産しに戻ってきたいくらいです。可愛い赤ちゃんに会わせてくださって、ありがといございました。また戻ってこられますように。
    ★夫曰く、20:02の私の出産時間ちょうどに「にれの部屋」から見えるお庭にウリ坊が現れたそうです。その時ふと「産まれたのかな」と思ったとの事。少し不思議な体験でした。

    ▲折りたたむ
  • 「入院生活が入院生活じゃないみたい」

    2018年10月 第三子ご出産

    今回は3度目の出産でした。3度目で初めてこちらにお世話になりました。 つわりがひどく相談したらもうスグ明日から点滴に来てください。と医院長先生。 仕事もしていたので「え!?スグ?」って感じでしたが、その判断がありがたかった事に点滴に通って気付きました。スタッフのみんな優しくて、ありがたく、つわりの時期を乗り越えられました。その後は何もなく順調に過ごせました。» 続きを読む

    三人目だからか「赤ちゃんが下の方にいるね」と助産師さんに言われて、「予定日よりも早いかもね」と。15日の健診の時に助産師さんに内診してもらったら、「今日か明日でもおかしくないね」と言われ、何とか予定日まではなんとなくお腹の中にいてほしかったのでwマジか...。と思いながら帰宅。その夕方、お腹にハリが来るようになり、でもガマンできるので日常の事をやりながらいたのですが、何となく間隔をはかったら10分間隔で痛みが!!
    陣痛と思いながらも助産師さんが(言っていたことが)当たってビックリ!!
    そのまま病院に電話すると来てください。との事で病院へ。そしてそのまま出産。

    お産のサポートがありがたかったです。あんなにリラックスして産めるとは!!
    痛いのは変わらないのですが(笑)雰囲気大切だなと感じました。
    お産してからも入院生活が入院生活じゃないみたい!
    経産婦なのに親切に一から教えてくださり、勉強になったことがたくさんです。
    もう帰りたくなくなります(笑)。

    夜中も「時間を気にせず呼んで下さい」といやな顔せず授乳に付き合ってくださったり
    本当にすてきな病院で産めてよかったなと心から思います。
    三人とも全員、篠﨑医院さんでお世話になりたかったデス!!
    もし次があったら迷わずここを選びます(*^^)v
    医院長、スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。
    お世話になりました。素晴らしいお産ができて良かったです。

    ▲折りたたむ
  • 「もう一度お産するなら?篠﨑医院で」

    2018年7月 第一子ご出産

    ニンプさんみんなが院長先生は寡黙だと思いがちですが、話すととても面白く優しくて楽しい人です。裂けたところを丁寧に縫ってくださる最中に、お産で覚醒した私の話を頷きながら時に笑いながら縫合と同じように丁寧に聞いてくれました。先生のお話もとっても面白かったです。だから、健診の際にはたくさん話してください。聞き上手だし、もっといろんな面白い話をしてくれるはずです。» 続きを読む

    副院長先生は最初とっても怖いです。太りすぎて怒られました。パンばかり食べていること、アイス好きなこと、ごまかしたってわかっちゃいます。素直に副院長先生の言うことを聞きましょう。でもそれはとっても大きい愛ってこと。お母さんとおなかの赤ちゃんのことを一番に考えてくれていると、産んだらすぐにわかります。
    そして入院して助産師さんたちがこんなに沢山いてこんなに頼りになることを知りました。皆さんプロフェッショナル。初産でわからない事もわからない私にいろんなやり方を示して様子をうかがいに来てくれてアドバイスしてくれました。情報共有も行き届いていたので、助かりましたありがとうございました。

    また、一緒に入院しているママ達との食事。最初は正直乗り気ではありませんでした。ところが、この時間が凄くリフレッシュになりました。上のお子さんをお持ちの方の情報や知恵は鮮度が良く、ためになりました。何より人と会話することがこんなに癒しになるなんて。
    お産でホルモンが乱れているけど、入院生活の食事があったお陰で楽しく過ごすことができたと心から思います。
    一緒の時期に出産したママさん、ありがとうございました。

    あんなに痛い思いをするのはもうこりごり。
    立ち合いをしてくれた主人に交わしたのが、兄弟は作れないね。というものでした(笑)。

    でももう一度お産するなら?

    篠﨑医院で。
    と申し伝えます。

    ▲折りたたむ
  • 「『仕事とはこういうことだ』と伝えたい」

    2015年12月 第二子ご出産

    ここに書きたいことは山ほどあるけど今一番思うのは医院長はじめ全スタッフの皆さまへの感謝とプロフェッショナルな仕事への尊敬です。
    NHKの『プロフェッショナル』とか、取材に来てほしい(笑)。子どもが大きくなったら、子どもにここで働く方々を見せて「仕事とはこういうことだ」と見せてあげたいナ!» 続きを読む

    私がこちらに決めたのはすでに7ヶ月の時でしたので、出産まであっという間でしたが、もし、妊娠後すぐお世話になっていたら、前回の妊娠のトラウマでうつ状態だった妊娠前半をもっと前向きに楽しく過ごせたのでは?と思います。しかしながら最終的にこちらで産むことができて幸せでした。

    もし私がもっと若ければ、ここであと3人は産みたい!!
    明日、退院するのが名残惜しい!!

    篠﨑医院の皆さまありがとうございました。

    ▲折りたたむ
  • 「アドバイスに基づいた生活で楽しく送れたマタニティライフ」

    2015年12月 第二子ご出産

    今回は2回目の出産ですがこの篠﨑医院で産むことができて本当に幸せでした。
    第一子は千葉県での出産でした。そちらも素晴らしい病院でしたが、「もし第一子もこちらで産んでいたら………もっと楽しいマタニティライフだったのでは?」と時々思ってしまうほどです。» 続きを読む

    私は悪阻がひどく仕事もあり「今回も前回と同様に頑張らないとな~」と思っていました。助産師外来でそれをポロっというと聞き逃さず、すぐ対応してくださいました。細かにライフスタイルや悩みを聞いてくださり、それに合わせて様々な方法で(薬だったり漢方だったりお灸だったり鍼灸治療だったり……)改善策を見つけてくださいます。私はひどい頭痛と嘔吐に悩んでいましたが漢方を処方されてからは一度もありませんでした。副院長が「お母さんは家では太陽でないといけないのよ」「いつも元気に明るく家族を照らしてあげなくちゃ」とおっしゃってくださいました。それにハッとしたのと、漢方の力もあり毎日楽しく笑顔で過ごせたような気がします。

    先生もとても穏やかで相談しやすく、健診の後はすぐに気持ちが楽になりました。前回私は高位破水ということで全く気付かず一日と少し生活してしまい、前の病院ではかなり怒られてしまいました。今回は何かと心配で「この少量の水も破水かな?」と不安で2回も緊急で診て頂きました。結果何ともありませんでしたが先生は「放っておくよりこうして来てくれた方がいいんですよ。」と優しくおっしゃっていただきました。それで随分リラックスできました。

    お産当日も真夜中でしたが先生も助産師さんも優しいお言葉をかけてくださり、副院長が「元気にがんばったね~」と声をかけてくださいました。2回目なのにも関わらず、うまく呼吸できないでいましたが助産師さんが優しくテキパキと誘導してくださったので安心できました。「人のことは気にしないで自分のことだけ赤ちゃんのことだけ考えていいんですよ」のお言葉でお産に集中することができました。

    産後の助産師さんたちの細やかな御指導とアドバイスはとても心強かったです。おっぱいには第一子と同様、悩んでいますがこんなに親身になってくださるとは思っていなかったので感動しています。第一子の時は何も分からずスマホで調べながら一人で必死に痛みと闘いながら母乳育児を実践していました。
    「ここでは違います!」一緒に考えて一緒に母乳が出るようずっと協力してくださいます。本当にありがたいです。第一子の時の会陰切開の傷がと―――っても痛くて座れなかったのを覚えていますが、今回は円座が無くても全く痛みが無く、これにもびっくりです。
    こんなこともあるんだー!!と嬉しくて、友達に話してしまいました。
    傷が痛いと本当に毎日辛いのですが、それが今回全く無いからとっても元気に過ごせています。

    サラッと書くつもりがこんなに書いてしまいました。長々とすみません。
    それくらい楽しいマタニティライフでした。病院の皆さま本当にありがとうございます。
    感謝しております。

    最後に、ご飯が本当においしいです!!!和食のお出汁………毎回完食です。
    おいしいご飯ありがとうございました。

    ▲折りたたむ
  • 「一度目の悲しい想いを『喜びと感謝』に変えてくれた篠﨑医院での待望の出産」

    2015年12月 第一子ご出産

    一度目の妊娠の時からこちらの病院でのお世話になっています。でも残念ながらその時には12週を過ぎていたにもかかわらずお腹の中で静かに亡くなってしまっていました。» 続きを読む

    やっと授かった命が途絶えてしまったことがわかった時は絶望的な気持ちでした。しかし処置の為に入院した私に対して全てのスタッフの方が優しく温かに接してくださったことで、とても気持ちがなぐさめられました。10cm程しかない亡くなった我が子がきれいな花に囲まれ手渡された時は悲しい想いだけではなく、知られることなく亡くなった我が子がこの世に一瞬でも生を受け他者から大切に扱われたことの喜び、感謝の思いを得たことで辛いだけの経験とならずにすみました。

    半年後二度目の妊娠がわかった時、今度こそこの病院で生みたいと思って通いましたが、前回のこともあるので毎回ドキドキしていました。また食事指導が厳しいのは自分に甘くなってしまう私にとってはとても良かったです。「助産師外来が近いから要らない」は実家などで食べ物を勧められた時の私の口癖でした。また鍼灸との連携がある点がとても良いと思います。入院中も治療を受けたお陰で産後の疲労が一気に軽くなりました!

    実際のお産は想像以上に痛くて辛くて逃げ出したい気持ちになりましたが、生まれてくるカンガルーケアになった瞬間ネガティブな気持ちが全部吹き飛んで感動!サイコー!!という気持ちになれました。

    この幸せは篠﨑医院のスタッフの誰か一人が欠けても味わえないものだと思います。院長先生は素晴らしい先生なのは勿論のこと、この病院は一人一人の志が高くかつ全体としてもまとまっているところが本当に比類のない良さだと思います。

    ▲折りたたむ
  • 「他人事と思っていた妊娠トラブルと壮絶なお産体験」

    2015年11月 第一子ご出産

    この妊娠を通してわかったことそれは
    命を授かる奇跡とその命をお腹の中で育てていくことの大変さです。
    年齢的な焦りもあり妊娠がわかった時は本当にうれしかった!その時の私はこのまま順調に出産へ向かうものとばかり思っていました。» 続きを読む

    雑誌やネットでみるようなトラブルは知識として頭には入れていたけど、正直他人事のように思っていました。「浮かれた妊婦」だったと思います。
    そんな私に忠告するように訪れた切迫流産
    つわりがほとんど無いのをいいことに妊娠前と同じ量の仕事をやっていたので、赤ちゃんが何らかのサインを出していてくれていたんだなと思います。
    どうしても仕事を優先してしまう私に院長先生からお叱りの一言「命の問題だよ!?」
    当たり前のことなのにその一言で目が覚めました。
    そして今まで注意されたことも無かった貧血や血糖値の検査で引っ掛かり、挙句の果て切迫早産……6週間の安静入院することに……
    ここでもまさか自分が……入院を言い渡された時は混乱状態でした。
    どうにか36週に入り退院しましたが、張りもほとんどなく本当に陣痛なんて来るのかな……とのほほんと構えていた時の朝、突然おしるし。
    その日の深夜に破水し間もなく陣痛がやってきました。
    ただ、陣痛も弱くて赤ちゃんがなかなか下りてきていない状態「このままだといつ生まれますか?」なんてアホな質問に「今夜までには産まれると思うよ」と答えてくれましたが
    「え?まじ?夜までこの痛みに耐えなきゃいけないの?」と実は内心思っていました。(笑)
    破水から12時間後いよいよ分娩台へ。
    「もう分娩室に入ったらあっという間だ」なんて思っていたのが間違い。ここからが自分の中で壮絶でした。
    子宮口全開だけど産道が狭く陣痛も弱く、やっぱり赤ちゃんが下りて来ない。にもかかわらず私の血圧がドンドンあがっていくような状態。「本当はもう少し時間をかけて赤ちゃんが下りてから、出してあげた方がいいのだけれど母体の状態を考えてもう出産した方がよいですね」とのことで促進剤+吸引分娩で無事出産することができました。

    末筆になりましたが、無事に出産できたのも偏に院長先生を始めスタッフの皆さまのご尽力のおかげだと本当に感謝しています。
    切迫早産での入院でも細かにケアやご配慮のお陰で乗り切ることが出来ました。出産の際もいつも誰かがそばに居てくれて励ましてくれたり心強かったです。
    不安なことも親身になって相談にのってくれ、何度もお仕事の手を止めてしまい申し訳なく思っています。
    退院する今嬉しい反面かなり寂しいです。
    篠﨑医院で出産出来て本当に良かったです。
    今は子どもの寝顔を見ながらこれを書いていますが最高に幸せです。
    ありがとうございました!

    ▲折りたたむ
  • 「夫婦で一緒に向き合って乗り越えたお産」

    2015年11月 第三子ご出産

    妊娠していることに気づいた日HPで篠﨑医院を初めて見て「ココだ!!」と決めました。初めて来た時はあまりにもキレイでドキドキしたのを覚えています。» 続きを読む


    三人目なのに7年も間があいてしまったのでいろいろとわからないことだらけだったのですが、オレンジのファイルをもとに毎回細かく先生と助産師さんに指導していただいて、勉強したり食事等気をつけることができました。
    冷えに関してはたくさんのアドバイスを頂いて、不安な気持ちにも細かく対応してくださったので安心して赤ちゃんと一緒に過ごすことができました。
    私にとって「立ち会い」も初めての経験となりました。「立ち会いをする」と夫婦で決めて教室やエコーなどの度に一緒に勉強することにより、夫は私に対してますます優しく、私の知らない所でもネットなどで勉強してくれました。「父は(赤ちゃんが)産まれてきて父になる」というイメージがありました。しかし「二人でお産する!」「二人でがんばる!」っていう気持ちになっていけたのはここの医院だったからだと思います。
    日曜日の朝、陣痛がきてから産むまで、今となればあっという間のスピード出産でしたが、それに至るまでは助産師さんやスタッフさん、夫がサポートしてくださったからだと思います。
    リラックスできる空間、安心するスタッフさんの声かけ、どれだけ安心するか、どれだけお産に向き合えるか、分かりました。
    産まれてすぐ私の体に来てくれた我が子が今でも鮮明に浮かびます。
    そして夫の泣いている顔も!!
    私がお産してこんなに元気でいるのはもう一つあって、お産で少し傷ができてしまったのですが、昔違う病院で縫った時すごく痛くて今回もそうだったらイヤだ!!と思ったのですが先生は本当に上手です!その日から座ることも歩くこともできる!おかげで最高の入院生活になりました!おっぱいマッサージにしてもここのスタッフさんは明るく!優しい!!相談して正確な答えが返ってくるので安心して家へ帰れます。私にとって最高のお産でした。10カ月間ちゃんと赤ちゃんと向き合えたのはこの医院のお陰です。ここでお産して良かったです。ありがとうございました。

    ▲折りたたむ
  • 「産み方なんか関係ない。産まれて来なければ何も始まらない。」

    2015年10月 第二子ご出産

    引っ越しが決まってからの妊娠発覚。
    望んでいた第二子でしたが「このタイミングで……」というのが正直な気持ちでした。» 続きを読む

    当時住んでいた場所から健診に通えて、新居からも通える病院。
    そして車の運転が得意でないので公共交通機関と徒歩で行けるところ。
    そんな条件でネット検索。
    友人や知人のいない地域での病院選びと出産。とても不安でした。
    そんな中、目にとまったのが篠﨑医院でした。
    全く土地勘がないので駅からのキョリ、場所だけでも……と下見に。
    病院らしくない外観で(良い意味です)と環境の良さに、お世話になりたいと思いました。
    連絡を入れ予約がとれた時はホッとしました。

    当然ですが子育てをしながらの妊婦生活はあっという間でした。
    一体じぶんが何週で何ヶ月か、今の月数でこんなにおなかが出ていたか……。
    2年ちょっと前経験したことなのに記憶がとてもあいまいなのにはおどろきました。
    夏ごろの助産師外来でむくみを指摘されました。
    冷えないように靴下も我慢して履いていたし、もちろん冷たい物は摂っていませんでした。
    今思えば体は少しずつサインを出していたのかもしれません。その時は初めてお灸をしてもらいとても軽くなり自分の足では無いようでした。
    もう少ししたら鍼灸を受けてみようかな~とその時は思いましたが、なかなか予約が合わずにいました。そうこうしている間に引っ越しの日程が決まり、先生からは絶対にムリしないように!!と注意をうけ、バタバタと引っ越しは終了。
    34Wの健診で血圧が高いこと、体重の増えを指摘されましたが、特に自覚症状がないのであまり気にしていませんでした。
    念願の鍼灸を受けて帰ろうと、受付を通り過ぎようとしたら呼び止められました。
    「何だろう」と思っていると、先週の検査結果が良くないのでこのまま入院するようにと。
    外で待っていた子供と義父母にそれを伝えると義父母はびっくり。子供は半ベソ。
    予想外の入院生活の始まりでした。

    それまで自分はよくある、家で陣痛が来て移動して~そうして、出産するんだろうな~と思っていたのに入院だなんて!!でもその時でも2、3日もすれば帰れるだろと思っていました。けれど身体は大変な事になっていたようです。
    むくみ、タンパク尿、高血圧。「妊娠性高血圧症」の診断が下りました。
    37Wになるのを待って促進するか、予定帝王切開するか。
    何もかもが予想外で予定外。答えを出すまでとても悩みましたが、母児共に安全な帝王切開を選びました。
    選んだものの、手術台に上がるまで、これが正解だったのか不安でしたが、助産師さんがかけてくれた言葉にとても救われました。柔らかい雰囲気の看護師さんにも救われました。
    手術中はとても不思議でした。赤ちゃんは私の心配をよそに、とても元気な声を聞かせてくれました。

    妊娠、妊娠期間、出産。全て奇跡のうえになりたっているんだな……それが今回の出産の感想。
    「元気に産まれてきてくれたら、産まれ方なんて関係ない」そう思いました。
    大切な命を育ててきたことに変わりないし、産まれてこなければ何も始まらないんですもの。

    最後になりましたが、先生を始めスタッフの皆さんにはとても良くしていただき感謝しています。本当に細かいところまで心配りをしていただいてケアして下さりありがとうございました。もしも、もう一人授かったらまたお世話になりたいです。
    篠﨑医院を知ったら他にはいけません。
    ありがとうございました。

    ▲折りたたむ
  • 「何も分からない初めての出産。的確なアドバイスが出産や育児の励みに」

    2015年09月 第一子ご出産

    初めての出産でこちらを選んだ理由は、自分の子ども、せっかく授かった命を、母児共に健康でより安産で出産したいと思ったことと、篠﨑医院さんの病院っぽさを出さないリラックスできる環境が気に入ったからです!!» 続きを読む

    私は予定日より13日早い出産でした。自宅でマッサージをしようとしたら、「おしるし」がみられ、とりあえずナプキンをあてて寝ました。朝4時にトイレへ行くとピンクのおりものから鮮血へと変わり、少し水で薄めたようなものがナプキンにつきました。破水かわからず電話したところ「もしかしたら、破水かもしれないから診察しましょう。」といわれ病院に行きました。
    すると「すでに子宮口は3cm開いており、たぶん高位破水でしょう」という判断で入院する事になりました。その日の午前中にもう一度内診すると「4~5cm子宮口が開いてるから今日、陣痛が来るんじゃない?」と言言われました。しかしその日は陣痛が来ないまま終わり次の日促進剤を使い出産することになりました。
    促進剤を使うとすぐに効果が出ました。しかし、陣痛が強くなる度に赤ちゃんの心音が下がり酸素を使う事になりました。暑くて(酸素マスクを)取りたくなりましたが赤ちゃんのためだと思いたくさん吸いました。すると赤ちゃんがやる気を出してくれて、その後破水しすぐに出産することができました。
    旦那も立ち会う事ができて、すごく感動してくれたので本当に良かったです。

    出産ですっきりした後はおっぱいとの格闘でした。
    もともと乳首の形が悪くてかなり不安でした。予想が的中し赤ちゃんはうまく吸えず怒っていました。私が悲しくなっていると、スタッフの皆さんが気にして見に来てくれたり、アドバイスをしてくれて少しずつおっぱいが出るようになりました。だんだんと赤ちゃんもニップルシールドから母乳が吸えるようになりたくさん飲んでくれるようになりました。あげたいのに上手にあげられない悔しさが皆さんのおかげで喜びに変わりました!!本当にありがとうございました。
    通院中も不安でいっぱいいっぱいだった私に「旦那さんがもし仕事で立ち会えなくても、私たち助産師が精一杯フォローして安心して産めるようにするから大丈夫だよ」といってくれて本当に気持ちが楽になりました。本当にありがとうございます。また二人目の時はこちらでお世話になりたいと思っています。

    出産する時はどんな痛みが来るのか、どうやっていきんだら良いのか分からないことだらけだったのですが、助産師さんや先生の説明で一言一言、的確なわかりやすい説明お言葉を掛けて頂きありがとうございました。おかげで安産で出産することができ本当に感謝しかないです!!お産の時のマッサージや声かけも本当に励ましになりました。私はいのちの森が大好きです。

    ▲折りたたむ
  • 「辛かった一人目の出産が二人目のお産を通して幸せな経験に」

    2015年09月 第二子ご出産

    こんな「神対応」の産婦人科ありません、本当に感動しました。

    一人目の時に違う病院で出産しましたが先生に対しても看護婦さんに対しても、全てのことが自分にとってストレスとなって健診に行くのが嫌でした。» 続きを読む

    「二人目は違う病院で」と探し友人から「すごく良いから」と篠﨑医院を勧められ、初めて外観をみたときに「何じゃこりゃー!!!」こんな木のぬくもり感まんさいの病院で産めたらナと即決めました。「先生が怖かったらどーしよー!」と一人目の時の不安がよぎりましたが、こんなに穏やかな先生がいらっしゃるんだと感動しました。私は内診が大の苦手でいつも力が入ってしまうのですが、先生の「今から○○しま~す」「ちょっと力抜こうか」「あっ、ごめんね~ちょっと奥まで入れるよ~」の一言で安心して内診できました。怖くてビクッとするたびに「大丈夫だよ~」とか「ごめんね~」とか言って下さった産婦人科(不妊科含め)は過去一度もありませんでした。診察もすごく丁寧で「私なんかにこんな時間を使って頂いてしまって申し訳ない。」と思うくらい私にとって穏やかな時間でした。鳩時計も癒されました。

    出産当日は「謎」の一言です。おそらく1日には産まれないだろうと思われていた(痛みの自覚のない)私に(助産師さんから)なぜか「分娩室に行きましょうか!」と言われました。前駆陣痛で少量ずつの促進剤を点滴していましたがまったく痛みもなく張りも感じていないのに「なぜ?」という思いで分娩室ヘ向かいました。分娩台へ横になり、?感いっぱいで「私、ここでどれだけの長い時間いるのカナ~」なんてことを考えながら……数分もしないうちに3分間隔で陣痛の様な痛みがあるな~と思い、そこから数分で陣痛MAXでの破水で出産。あの時、「分娩室行っときましょうか?」の一言が無かったら私どうなっていたのだろう……。「なぜ全然に痛みの無い私に?」それが「謎」すぎて尋ねたかったのですが聞けないまま……。私にとってあの助産師さんの一言は本当に奇跡すぎてとても感謝しています。

    また分娩室での副院長のゴットハンド。私、あのマッサージがなかったら腰を完全にやられていました。産むときの的確な指示、アドバイスは感無量です!!!
    そして切迫で入院していた時、出産前後の助産師さん、看護師スタッフさん、ヘルパースタッフさんの対応が本当に素晴らしくて、良い人すぎて興奮しました。皆さん優しすぎます。

    一人目の時、授乳がうまくできず「自分の胸からおっぱいを吸われる経験は一生できないのだな」と思い搾乳とミルクになってしまいました。今回も「どうせ頑張っても吸ってくれない(前回の病院で吸いづらい乳首と言われた為)」から、「搾乳とミルクでいこう」と思っていた私にあんなに丁寧に、そして親身におっぱいの指導をして下さる皆様、乳首を吸ってくれずナースコールを押していいのか悩んでいると、なぜか必ずと言っていいほど「コンコン、どう?」とスタッフさんが来て下さり、私に時間をかけて一生懸命教えて下さいました。そして自分の胸からおっぱいを吸われたとき、今まで周りのママさんは「凄いナ~」と尊敬のまなざしでみていた自分がその一員になれ、そして本当の母親になれた感じがしました。本当にありがとうございました。また退院前日の夜の助産師さんのおっぱい指導。体全体が痛く母乳がうまくできない私にまさかの「添い乳やってみる?」の一言。素人同然でニップルを使ってもうまくいかない私に「添い乳」なんて……半信半疑で哺乳ビンの先っぽを使って寝転がってみると、赤ちゃんがゴクゴクゴク……。『うっそ!!私に「添い乳」が(できた)……』助産師さんに「これだって立派な授乳だよ」と言われ涙が出そうになりました。おっぱいをあきらめていた私が退院前日には、「添い乳」ができようになりました。
    その後もミルクをあげてもぐずった赤ちゃんに、一人でやってみたら、添い乳しながら寝てくれました。嬉しすぎて、ナースコールを押したい気持ちをグッとこらえました!
    担当してくれた助産師さん本当にありがとうございました!!!
    家に帰っても頑張ってみます!漢方も飲みつつ。

    皆さんの素晴らしい対応のお陰で一人目の出産に対しての辛いことが二人目では全て幸せなことに変わりました。本当に最高な☆「いのちの森」です!!!心から感謝します。
    ♡♡皆さま本当にありがとうございました♡♡。

    ▲折りたたむ