祖父の代より三代にわたって産婦人科に携わり、地域に貢献する医師を目指しこの17年間大学病院で医療と研究に邁進してまいりました。大学病院に勤務する中で痛感したことは“良いお産”にとっていかに環境が重要かということでした。
 現在の守谷市は分娩を扱う産婦人科医院が少なく、近隣地域に依存している状態です。今後市内の産科施設の不足は深刻な問題となると思われます。先代までは県内の筑西市(旧・下館市)で開院しておりましたが、地域貢献を考えここ守谷市大柏の地に新規開院いたしました。また産科医療は高次医療機関との連携が重要です。現在勤務しております東京慈恵会医科大学附属柏病院と綿密な連携が図りやすい場所でもあります。
 静かな森に囲まれた環境の中で病院の既成概念を取り払い「女性がいつでも立ち寄れる場」をイメージして「もう一軒の我が家」を建築の専門家と創り上げました。
ここでは、女性の一生を通じてかかわって行きたいという思いを込めて
「お産の森 いのちのもり 産科婦人科 篠﨑医院」と称しました。

 これまでにない新しい産婦人科医院を目指していきます。
 今後ともよろしくお願い申し上げます。

篠﨑医院 院長 篠﨑英雄

篠﨑英雄プロフィール

1992年〜 東京慈恵会医科大学勤務.
1994年〜 同産婦人科学教室助手.
2009年〜 同講師.
〈所属学会〉
日本産婦人科学会 専門医. 日本周産期・新生児医学会. 日本緩和医療学会
日本癌学会. 日本癌治療学会. 日本臨床細胞学会. 婦人科内視鏡学会